太陽光発電と蓄電池を活用したエネルギーマネジメントに関する実証実験の開始について

掲載日: 2020年02月17日 /提供:関西電力

2020年2月17日
関西電力株式会社

太陽光発電と蓄電池を活用したエネルギーマネジメントに関する実証実験の開始について

当社は、スーパーの店舗など業務用のお客さまに対して、太陽光発電と蓄電池を組み合わせて活用するエネルギーマネジメントに関する実証実験を開始することとしました。

太陽光発電と蓄電池を組み合わせ、太陽光発電の余剰電力を蓄電池に充電し、夜間など他の時間帯に使用することで、電気料金の削減やBCP(事業継続計画)用途で非常時に活用することができます。
また、アグリゲーター※1からの指示により、蓄電池に充電された電気を放電することでデマンドレスポンス(DR)※2を実現することも可能となります。

今回の実証実験では、当社の「太陽光発電オンサイトサービス※3」をご契約いただく株式会社カノーの店舗に蓄電池を設置し、電気料金削減効果を検証します。また、VPPシステム「K-VIPs※4」を活用し、蓄電池制御技術の確認を行うことで、蓄電池を将来のVPPリソースとして活用するための知見の獲得を目指します。

獲得した知見をもとに、お客さまへご提供するエネルギーマネジメントサービスの開発を行うとともに、K-VIPsの機能拡充に繋げることで、同システムのプラットフォームシステムとしての価値の向上を図ります。

当社は今後も、お客さまへご提供する価値を最大化すべく、太陽光発電や蓄電池をはじめとした様々な設備の活用による包括的なエネルギーマネジメントサービスのご提供および成長が見込まれるエネルギー・リソース・アグリゲーション・ビジネス※5への参加を目指してまいります。

以 上

  • ※1:お客さまのエネルギーリソースを集約(アグリゲート)し、一般送配電事業者や小売電気事業者などにサービス提供する事業者。
  • ※2:お客さまのエネルギーリソースを制御することで、電力需要パターンを変化させること。
  • ※3:法人のお客さまが所有する建物の屋根に、当社が太陽光発電設備を設置、所有した上で、運用・メンテナンスまでワンストップで行うサービス。
  • ※4:対象のお客さまの電力量(1分値)を取得し、その情報を表示させること等で、お客さまのVPPへの取組みをサポートする統合プラットフォームシステム
    (Kanden Vpp Integrated Platform system)」
  • ※5:VPPやDRを用いて、小売電気事業者の電力調達、お客さまの設備最適利用による収益化などの各種サービスを提供する事業。

最新の小売ニュース

メルマガ登録はこちら