株式の売出し、取締役の辞任並びに親会社及びその他の関係会社の異動に関するお知らせ

掲載日: 2015年11月06日 /提供:日本KFCホールディングス

ご注意:この文書は、当社の株式の売出し、取締役の辞任並びに親会社及びその他の関係会社の異動に関して一般に公表するための記者発表文であり、投資勧誘を目的として作成されたものではありません。投資を行う際は、必ず当社が作成する株式売出目論見書及び訂正事項分(作成された場合)をご覧頂いた上で、投資家ご自身の判断でなさるようお願いいたします。

平成 27 年 11 月6日
各位
会 社 名 日本KFCホールディングス株式会社
代表者名 代表取締役社長 近藤 正樹
(コード番号 9873 東証第 2 部)
問合せ先 執行役員 企画広報部 部長 竹井 勤
電話番号 (03)5722-7229

株式の売出し、取締役の辞任並びに親会社及びその他の関係会社の異動に関するお知らせ

当社は、平成 27 年 11 月6日開催の取締役会において、当社の親会社である三菱商事株式会社による当社普通株式の売出しに関し、下記のとおり決議いたしましたので、お知らせいたします。なお、当該売出しに関連して、本日付をもって、三菱商事株式会社から派遣されている取締役(非常勤)1名が辞任いたしました。また、当該売出しにより、同社が当社の親会社に該当しないこととなり、新たにその他の関係会社に該当することが見込まれますので、併せてお知らせいたします。



Ⅰ.株式の売出し

1.株式の売出し(引受人の買取引受けによる売出し)
(1) 売出株式の種類及び数 当社普通株式 6,270,000 株
(2) 売出人 三菱商事株式会社
(3) 売出価格 日本証券業協会の定める有価証券の引受け等に関する規則第 25 条に規定される方式により、平成 27 年 11 月 16 日(月)から平成 27 年 11 月 19日(木)までの間のいずれかの日(以下「売出価格等決定日」という。)の株式会社東京証券取引所における当社普通株式の終値(当日に終値のない場合は、その日に先立つ直近日の終値)に 0.90~1.00 を乗じた価格(1円未満端数切捨て)を仮条件として、需要状況等を勘案した上で決定する。
(4) 売出方法 引受人の買取引受けによる売出しとし、SMBC日興証券株式会社(以下「引受人」という。)に全株式を買取引受けさせる。本売出しにおける引受人の対価は、売出価格から引受人より売出人に支払われる金額である引受価額を差し引いた額の総額とする。
(5) 申込期間 売出価格等決定日の翌営業日から売出価格等決定日の2営業日後の日まで。
(6) 受渡期日 平成 27 年 11 月 25 日(水)から平成 27 年 11 月 30 日(月)までの間のいずれかの日。ただし、売出価格等決定日の6営業日後の日とする。
(7) 申込証拠金 1株につき売出価格と同一金額とする。
(8) 申 込 株 数 単 位 100 株
(9) 売出価格、その他本売出しに必要な一切の事項の決定は、代表取締役社長 近藤正樹又はその選任する代理人に一任する。

2.株式の売出し(オーバーアロットメントによる売出し)(後記【ご参考】2.をご参照)
(1) 売出株式の種類及び数 当社普通株式 627,000 株
なお、上記売出株式数は上限の株式数を示したもので、需要状況等により減少する場合、又は本売出しが全く行われない場合がある。売出株式数は需要状況等を勘案した上で、売出価格等決定日に決定する。
(2) 売出人 SMBC日興証券株式会社
(3) 売出価格 未定(売出価格等決定日に決定する。なお、売出価格は引受人の買取引受けによる売出しにおける売出価格と同一とする。)
(4) 売出方法 引受人の買取引受けによる売出しの需要状況等を勘案し、引受人が当社株主である三菱商事株式会社(以下「貸株人」という。)より借り入れる当社普通株式について追加的に売出しを行う。
(5) 申込期間 引受人の買取引受けによる売出しにおける申込期間と同一とする。
(6) 受渡期日 引受人の買取引受けによる売出しにおける受渡期日と同一とする。
(7) 申込証拠金 引受人の買取引受けによる売出しにおける申込証拠金と同一とする。
(8) 申 込 株 数 単 位 100 株
(9) 売出価格、その他本売出しに必要な一切の事項の決定は、代表取締役社長 近藤正樹又はその選任する代理人に一任する。

ご注意:この文書は、当社の株式の売出し、取締役の辞任並びに親会社及びその他の関係会社の異動に関して一般に公表するための記者発表文であり、投資勧誘を目的として作成されたものではありません。投資を行う際は、必ず当社が作成する株式売出目論見書及び訂正事項分(作成された場合)をご覧頂いた上で、投資家ご自身の判断でなさるようお願いいたします。

【ご参考】

1.株式の売出しの目的
今般、当社と三菱商事株式会社は、当社普通株式の流動性の向上に伴う投資家層拡大による当社企業価値の向上を目的に、上記株式の売出しを実施することといたしました。
昭和 45 年、三菱商事株式会社と米国ケンタッキー・フライド・チキン・コーポレーションとの折半出資により当社が設立されて以来、当社と三菱商事株式会社は良好なパートナー関係を継続し、お互いの事業拡大に寄与してまいりました。当社と三菱商事株式会社との資本関係は変化しますが、三菱商事株式会社は大株主として引き続き当社の事業をサポートする意向である旨の連絡を受けております。今後も、穀物や飼料、KFC 登録飼育農場で育てられた国内産 100%の若鶏の生産に至る三菱商事グループのネットワークを最大限に活用し、オリジナルチキンに代表される当社の安全なおいしさをお客様にご提供していく所存です。
従来からの株主の皆様に加え、今般の売出しによって当社の理念、「おいしさ、しあわせ創造企業」をご理解いただき、当社のサポーターとして当社の持続的成長をご支援いただける株主の皆様の期待に応えるよう、引き続き企業価値の向上を目指してまいります。

続きはこちらからどうぞ↓
http://japan.kfc.co.jp/ir/pdf/ir192.pdf

最新の外食ニュース





メルマガ登録はこちら