静岡の郷土料理・食材を東京銀座でPR!~MUJI HOTEL GINZAで静岡フェアを開催~

掲載日: 2020年02月06日 /提供:静岡県庁


( 平成31年度 )



( 資料提供 )

静岡の郷土料理・食材を東京銀座でPR!~MUJI HOTEL GINZAで静岡フェアを開催~


静岡の郷土料理・食材を東京銀座でPR!~MUJI HOTEL GINZAで静岡フェアを開催~

1 要 旨

    県では、県認定ブランド品である「しずおか食セレクション」をはじめとする、高品質な本県農林水産物を、首都圏の高級料理店やホテルのニーズとつなげることで、付加価値の高い県産品の販路開拓を支援しています。
    この度、インバウンドをターゲットとした都内ホテルの企画に協力することで、東京2020オリンピック・パラリンピックに向け、本県農林水産物のブランド力向上と販路拡大を推進します。

2 概 要

店舗名
(場所:座席数)

MUJI HOTEL GINZA「WA Japanese Restaurant」
(東京都中央区銀座3丁目3-5:ホテル全79室、レストラン44席)

開店

2019年4月(日本初出店)

開催期間

令和2年2月10日(月)~令和2年5月31日(日)

企画内容

WA ~日本各地のくらしとともに味を届ける~
レストランでのランチ・ディナー、宿泊客への朝食に静岡県産食材を活用
※静岡県で4県目(過去に大分県、山形県、石川県が実施)

メニュー例

静岡おでん、とろろ汁、鰻蒲焼、潮鰹うどん、黒はんぺんフライ、
わさびご飯、桜海老釜炊きご飯、静岡茶割り、きらぴ香のサワー等

主な
使用産品

産地視察により提案した県産食材からシェフが選定
静岡うなぎ(吉田町ほか)、金目鯛(下田市)、塩鰹(西伊豆町)、
黒はんぺん(焼津市)、ほんやま自然薯(静岡市)、わさび(静岡市)、
静岡和牛(県下)、いちご‘きらぴ香’(富士宮市)、緑茶(静岡市)、
日本酒(開運、杉錦、磯自慢)、クラフトビール(伊豆市)等


提供日 2020年2月6日
担 当 経済産業部 産業革新局マーケティング課
連絡先 マーケティング企画班 TEL 054-221-2678

ページの先頭へ戻る

最新のその他ニュース





メルマガ登録はこちら