新発田食肉衛生検査センター・下越動物保護管理センター合同庁舎の外装塗材でアスベストが確認されました

掲載日: 2020年02月06日 /提供:新潟県庁

新発田食肉衛生検査センター・下越動物保護管理センター合同庁舎の外装塗材でアスベストが確認されました

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0253682 更新日:2020年2月6日更新

1 経過等
福祉保健部所管の下記施設で、外壁補修工事に向け、アスベスト含有状況調査を実施した結果、外装塗材の一部にアスベストが含有されていることが判明しました。
外装塗材はセメント状に固まっているため、飛散のおそれはありません。

・確認された施設:新発田食肉衛生検査センター・下越動物保護管理センター合同庁舎
(所在地:新発田市奥山新保430)
・確認されたアスベストの種類:クリソタイル

2 今後の対応
今後、外壁補修工事を行う場合には、関係法令を遵守し、安全に十分配慮して工事を実施します。

報道資料 [PDFファイル/66KB]

<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページに関するお問い合わせ

福祉保健部 生活衛生課
動物愛護・衛生係
〒950-8570 新潟県新潟市中央区新光町4番地1 新潟県庁行政庁舎13階
Tel:025-280-5206 Fax:025-284-6757 メールでのお問い合わせはこちら

最新のその他ニュース





メルマガ登録はこちら