紙製の包材を使用したハンバーガーを発売

掲載日: 2020年01月24日 /提供:ローソン

プラスチック削減への新たな取り組み
1月28日(火)より、ナチュラルローソンで紙製の包材を使用したハンバーガーを発売

2020年1月24日

株式会社ローソン(本社:東京都品川区、代表取締役 社長:竹増 貞信、以下「ローソン」)は、 1月28日(火)よりナチュラルローソン店舗(145店:2019年12月末現在)で、紙製の包材を使用したハンバーガー(チルド調理パン)を発売します。紙製の包材は耐油・耐水のコーティングがされたもので、電子レンジで温めることもできます。現在、チルド調理パンのカテゴリーの商品はプラスチック製の包材を使用していますが、紙製の包材を使用する事で1食あたりのプラスチック使用量を約2g削減できます。今後、販売動向を踏まえて紙製の包材の使用拡大を検討していきます。


「ジンギスカンサンド(柚子こしょうマヨ添え)」(税込298円)(写真はイメージです)


ローソンでは、オリジナルのカップ飲料のプラスチック製上蓋を無くす仕様に変更する取り組み(2019年4月より順次)や、店内淹れたてコーヒー「MACHI café」のアイスコーヒー Sサイズのカップの紙製へ変更する取り組み(2019年5月より順次)、また、ナチュラルローソン店舗にて紙製容器を使用した弁当を発売(2019年11月より)するなど、さまざまな容器包装プラスチック削減に取り組んでまいりました。ローソンではカップ飲料プラスチック製蓋廃止により年間約320トン、またアイスコーヒーのカップの紙製への変更により年間約540トンのプラスチック使用量の削減を見込んでいます。

ローソンの2030年における削減目標は、2017年度対比で容器包装プラスチック使用量の30%削減で、更に2050年には、オリジナル商品の容器包装プラスチックにおいて、環境配慮型素材を100%使用する目標を設定しています。

<商品詳細>

「ジンギスカンサンド(柚子こしょうマヨ添え)」(税込298円)

柔らかくクセが無く、ジューシーな味わいのニュージーランド産ラムとキャベツ、人参、玉ねぎをジンギスカンのタレで味付けしてバンズにはさみ、アクセントに柚子こしょうマヨを使ったボリューム感のあるハンバーガーです。


これからもローソンは、環境に配慮した素材への変更などプラスチック使用量の削減に取り組んでまいります。

最新の新商品ニュース





メルマガ登録はこちら