第21回食料・環境・ふるさと写真コンテスト審査委員会の審査結果について

掲載日: 2020年01月23日 /提供:山口県庁

第21回 食料・環境・ふるさと写真コンテスト審査委員会の審査結果について

令和2年 (2020年) 1月 23日

「水・土・人・くらし」をテーマに行った写真コンテストの入賞作品が決定しました。

1 入賞者

【一般の部】


賞名氏名居住市町画題撮影場所
山口県知事賞渡邉 壽久下松市田植えの夕べ周南市中須地区
山口県地球人会議会長賞林 良子宇部市伝統を守る宇部市吉部
水土里ネット山口会長賞吉光 佑二周南市まだまだ現役!周南市中須
山口新聞社賞谷野 隆山陽小野田市泥田で競う下関市安岡
中國新聞防長本社賞渡邉 サダ子山口市海を渡る神輿粭島

【児童・生徒の部】


賞名氏名学校・学年画題撮影場所
山口県地球人会議会長賞野村 優貴美福栄小中学校中学部3年生いつもの朝萩市福栄平蕨台
優秀賞椋木 悠太山口大学教育学部附属山口幼稚園 年少まっすぐ伸びたたまねぎたち自宅の畑
優秀賞市竹 由乃下関市立日新中学校1年生田園風景宇部市
優秀賞佐々木 結愛周南市立菊川中学校1年生水分補給富田川

※ その他入賞者(入選)は、添付ファイルのとおり


2 審査委員会開催日時

令和2年1月22日(水曜日) 午後1時30分から午後3時まで


3 審査委員(9名)

第21回 食料・環境・ふるさと写真コンテスト審査委員名簿
氏名 (敬称略)所属等
佐藤 登食料・環境・ふるさとを考える山口県地球人会議会長、前 山口大学教育学部教授
石井 里津子食料・環境・ふるさとを考える山口県地球人会議副会長、フリーライター
山本 周作食料・環境・ふるさとを考える山口県地球人会議運営委員、デザイナー
宮本 邦彦食料・環境・ふるさとを考える山口県地球人会議運営委員、みなと山口合同新聞社顧問
阿武 良一食料・環境・ふるさとを考える山口県地球人会議運営委員、山口県農林水産部審議監
江﨑 克彦山口新聞山口支社長
片山 学中國新聞防長本社編集部長
中村 圭吾山口県農林水産部水産振興課長
藏重 裕夫水土里ネット山口専務理事

4 主催

食料・環境・ふるさとを考える山口県地球人会議、水土里ネット山口、山口県


5 応募及び入賞の状況

・ 一般の部 14点(入賞)/621点(応募)

山口県知事賞1点、山口県地球人会議会長賞1点、水土里ネット山口会長賞1点

山口新聞社賞1点、中國新聞防長本社賞1点、入選9点

・ 児童・生徒の部 8点(入賞)/14点(応募)

山口県地球人会議会長賞1点、優秀賞3点、入選4点

計 22点(入賞)/635点(応募)


6 入賞作品の展示

令和2年3月2日(月曜日)から4月10日(金曜日)まで、山口県庁1階エントランスホールの展示コーナーにて、入賞作品を展示、紹介いたします。


7 問い合わせ先

水土里ネット山口 総務部(担当:道中)

〒753-0079 山口市糸米2-13-35 電話番号 083-933-0033


(参考)食料・環境・ふるさとを考える山口県地球人会議とは
農山漁村の多面的な機能について、県民への理解促進を図ることを目的に平成11年に設立。学識経験者や広報機関、土地改良区の関係者等、9名の運営委員で構成

(参考)写真コンテストの趣旨
農山漁村の四季を通じた風景、農林漁業の営み、伝統文化、農林漁業施設や生き物など、本県の「食料・環境・ふるさと」にふさわしい美しい作品から、本県の農山漁村の良さを再発見し、農林水産業の持つ多面的機能等への県民理解を促進するもの
「水・土・人・くらし」をテーマに平成11年度から実施しており、今年で21回目
(令和元年度募集期間:令和元年7月17日(水曜日)~令和元年12月31日(火曜日))


添付ファイル

入賞作品.pdf (PDF : 267KB)


お問い合わせ先

農村整備課計画調整班
Tel:083-933-3423
Fax:083-933-3429
Mail:a17500@pref.yamaguchi.lg.jp

最新のその他ニュース





メルマガ登録はこちら