「信州ひすいそば」が善光寺に奉納されます(農政部農業技術課)

掲載日: 2015年11月04日 /提供:長野県庁

更新日:2015年11月4日

「信州ひすいそば」が善光寺に奉納されます!

長野県(農政部)プレスリリース 平成27年(2015年)11月4日

本県期待のオリジナルブランド「信州ひすいそば」が、11月5日に行われる善光寺の「十夜会(じゅうやえ) 」にあわせて善光寺に奉納され、参加者に振る舞われます。

日時及び場所

11月5日(木)

奉納そば打ち 15:00~15:30 善光寺仁王門
奉 納 式 15:35~15:45 善光寺本堂階段上
法 要 19:00~20:00 善光寺内陣
御法話拝聴 20:00~ 大勧進 紫雲閣
振る舞い蕎麦 御法話後 大勧進 紫雲閣

※振る舞い蕎麦は数に限りがあります

主 催

信州門前そばの会 (善光寺門前のそば店12店舗で構成)

後 援

善光寺、大勧進、長野商工会議所ほか

協 賛

株式会社南澤惣吉商店

〈お問合せ先〉

奉納そば打ち、奉納式、振る舞い蕎麦について:「信州門前そばの会」(TEL:026-232-2531)
法要について:善光寺事務局教務課(TEL:026-234-3591)
御法話について:大勧進事務局(TEL:026-234-0001)

十夜会(じゅうやえ)とは

10月と11月の2回執行されます。経典『無量寿経』の「この世において善を修すること十日十夜すれば、他の諸仏の国土において善を為すこと千歳に勝れり」という一節に基づき、10日間にわたって修される夜の法会です。通常は非公開となっている「十夜仏」を御本尊様の前に遷座し、開扉して供養が行われます。(善光寺HPより)

「信州ひすいそば」(商標)とは?

県野菜花き試験場が10年間の歳月をかけて育成したそばの新品種「長野S8号」。栽培、加工、販売の基準を満たしたものだけが「信州ひすいそば」と呼ばれます。色鮮やかな緑色で香り高いことが最大の特徴です。

「信州ひすいそば」の情報は、以下のURLからご覧いただけます。

http://www.pref.nagano.lg.jp/nogi/soba/hisuisoba.html

関連資料

しあわせ信州創造プラン(長野県総合5か年計画)推進中!

担当部署 農政部農業技術課農産振興係
担当者 (課長)上杉壽和 (担当)山口史靖
電話

026-235-7221(直通)

026-232-0111(代表) 内線 3068

ファックス 026-235-8392
メール

nogi@pref.nagano.lg.jp

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

最新のその他ニュース





メルマガ登録はこちら