公益社団法人食品容器環境美化協会主催「第20回環境美化教育優良校等表彰」について

掲載日: 2019年12月13日 /提供:群馬県庁

最終更新日:2019年12月13日 印刷

【12月13日】公益社団法人食品容器環境美化協会主催「第20回環境美化教育優良校等表彰」について(環境政策課)

公益社団法人食品容器環境美化協会(以下、食環協)主催の「第20回環境美化教育優良校等表彰」において、館林市立多々良中学校が「優良校 協会会長賞」を受賞することとなりました。

1 「環境美化教育優良校等表彰」の概要

環境美化教育に独創的・継続的かつ熱心に取り組み、「公共的場所の環境美化」、「飲料あき容器等のリサイクルを」実践し、地域の美化推進に大きく寄与している小・中学校等を表彰するもの。

2 館林市立多々良中学校の取組の概要

夏休み期間中に校区内を回りながら空き缶や新聞紙などの資源回収を行っている。地域回覧板などを通じて地域に広く呼びかけ、多くの住民の協力を得ている。加えて年に1回、地域の清掃美化活動にも励んでいる。

※受賞校の取組内容の詳細や本年度表彰については、食環協プレスリリース資料をご覧ください。

3 これまでの本県の受賞状況

平成12年度に表彰が開始されてから、本県からは今回の表彰校を含め、33校が受賞しています。

4 添付資料

(参考)食環協について

食品容器の散乱防止等を図り伝統ある国土の環境美化等に努めることにより、公共の福祉の増進に資することを目的として、1973年に設立。飲料容器の散乱防止とリサイクル推進の啓発を中心とした環境美化の推進事業を展開。

【会員団体】

(一社)全国清涼飲料連合会、(一社)全国トマト工業会、(一社)日本果汁協会、日本コーヒー飲料協会、コカ・コーラ協会、ビール酒造組合

最新のその他ニュース





メルマガ登録はこちら