秋田の地酒「一滴千両」より、「一滴千両 大吟醸 ピンクラベル」と「一滴千両 純米大吟醸 ブルーラベル」が登場!

掲載日: 2019年12月05日 /提供:オエノンホールディングス

ニュースリリース

秋田の地酒「一滴千両」より、「一滴千両 大吟醸 ピンクラベル」と「一滴千両 純米大吟醸 ブルーラベル」が登場!

蔵元と杜氏がこだわった、珠玉の一品を数量限定で発売

2019年12月5日

オエノングループの秋田県醗酵工業株式会社(代表取締役社長:藤武哲朗 本社:秋田県湯沢市)は、令和元年に清酒鑑評会等で多くの賞を受賞した秋田県の銘酒「一滴千両」ブランドから、数量限定で「一滴千両 大吟醸 ピンクラベル」(950本)と「一滴千両 純米大吟醸 ブルーラベル」(1,000本)を、12月18日(水)に全国で発売します。

今年、清酒鑑評会等で数多く賞を受賞した同社ならびに同社杜氏が、精米歩合40%まで磨き上げた酒造好適米「兵庫県産山田錦」を100%使用し、伝統の技でじっくりと醸しました。「一滴千両 大吟醸 ピンクラベル」は、華やかで軽やかな香り、甘みと旨味の調和のとれた柔らかな味わいが特長です。「一滴千両 純米大吟醸 ブルーラベル」は、フルーティな風味とすっきりとしたキレが楽しめます。

「一滴千両 大吟醸 ピンクラベル」と「一滴千両 純米大吟醸 ブルーラベル」は、瓶・ラベル・化粧箱ともに黒色を基調とし、統一感を持たせました。また、「一滴千両 大吟醸 ピンクラベル」は、商品名にピンク色を使い、“華やかな香りと繊細な優しい”女性的なイメージを表現しました。「一滴千両 純米大吟醸 ブルーラベル」は、商品名に青色を使い、“すっきりとした”青空や水のイメージを表現しました。

このたび、秋田の銘醸地湯沢の酒蔵より、繊細で華やかな香りたつ「一滴千両 大吟醸 ピンクラベル」と、澄みわたった味わいの「一滴千両 純米大吟醸 ブルーラベル」を発売することで、清酒ファンに確かな味わいをお届けします。

「一滴千両 大吟醸 ピンクラベル」

商品名 「一滴千両 大吟醸 ピンクラベル」
品目 清酒
アルコール分 16度以上17度未満
日本酒度 -1.0
酸度 1.2
内容量・容器 720ml ・ 瓶
荷姿 6本入りダンボール
参考小売価格 2,700円
発売日 2019年12月18日(水)
発売地域 全国

「一滴千両 純米大吟醸 ブルーラベル」

商品名 「一滴千両 純米大吟醸 ブルーラベル」
品質規格 清酒
アルコール分 15度以上16度未満
日本酒度 +1.0
酸度 1.3
内容量・容器 720ml ・ 瓶
荷姿 6本入りダンボール
参考小売価格 3,000円
発売日 2019年12月18日(水)
発売地域 全国

【 秋田県の地酒 】

秋田県醗酵工業は、寒冷豪雪という厳しい気候と自然あふれる豊かな風土の秋田県湯沢で、雪国育ちの秋田美人のきめ細かなもち肌のようにきれいでやわらかな口当たりで、地元に愛される酒造りを行っています。

オエノングループ公式サイト内の「日本酒(清酒)の楽しみ方」では、日本酒に関するさまざまな雑学や楽しみ方を紹介しています。

【 日本酒(清酒)の楽しみ方 】
https://www.oenon.jp/product/sake/enjoy/

ニュースリリース

最新の新商品ニュース

2019年下半期アクセスランキング

メルマガ登録はこちら
通信暗号化方式「TLS1.0/1.1」「SSL3.0」のサポート終了について