トウビシ果皮ポリフェノールとルテインによる白内障予防の可能性を示唆

掲載日: 2019年11月26日 /提供:参天製薬

2019 年 11 月 26 日

参天製薬株式会社
学校法人 東海大学

トウビシ果皮ポリフェノールとルテインによる白内障予防の可能性を示唆

参天製薬株式会社(本社:大阪市、以下参天製薬)と東海大学農学部バイオサイエンス学科(所在地:熊本県熊本市)の永井竜児教授らのグループは、ヒシエキス(トウビシ果皮ポリフェノール)とルテインの混合摂取が、糖尿病モデルラットにおける白内障(水晶体混濁)抑制効果を示すことを明らかにしました。

白内障は、水晶体の一部または全部が何らかの原因で混濁する加齢性の疾患です。早い人は 40 歳代から混濁が始まり、80 歳代では大部分の人が白内障を発症しますが、糖尿病の進展に伴って早期に発症する場合があることが知られています。その発症機構は解明されていないものの、水晶体混濁の一因として紫外線による酸化*1、糖化*2等が報告されています。

参天製薬と東海大学農学部バイオサイエンス学科による共同研究は、糖化と酸化に着目し、糖尿病モデルラットに対して、in vitro*3において、抗糖化作用が確認されているヒシエキスと、抗酸化作用を持つルテインを混合投与することにより、白内障が抑制されたことを初めて明らかにしました。本研究から、ヒシエキスとルテインの摂取が白内障の発症・進行遅延の一助となることが期待されます。 本研究は、2019 年 11 月 12 日の Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition*4に掲載されました。

目のスペシャリティ・カンパニーである参天製薬と、老化や生活習慣病の予防に貢献する研究を目指す永井教授らは、この研究が白内障患者さんへの貢献につながることを期待しています。

公式ページ(続き・詳細)はこちら
https://ssl4.eir-parts.net/doc/4536/tdnet/1773749/00.pdf

最新のその他ニュース





メルマガ登録はこちら