「ミシュランガイド東京 2020」発表

掲載日: 2019年11月26日 /提供:日本ミシュランタイヤ

「ミシュランガイド東京 2020」発表

Posted on 2019年 11月 26日 by stakahashi カテゴリー: プレスリリース

1軒の新たな三つ星が誕生!
二つ星は3軒、一つ星は19軒、ビブグルマンは35軒が新たなセレクションに

印刷用PDF

(C)MICHELIN

フランスのタイヤメーカー、日本ミシュランタイヤ株式会社(東京都新宿区、代表取締役社長:ポール・ペリニオ)は本日、東京の厳選した飲食店・レストランと宿泊施設を紹介する「ミシュランガイド東京2020」のセレクションを発表します。東京のミシュランガイドは2007年にアジア初としての発行以来、毎年更新され13年目を迎えました。今回は464軒の飲食店・レストランと34軒の宿泊施設が掲載され、13年連続の3軒を含む11軒が三つ星の評価になりました。また、計57軒の飲食店・レストラン、宿泊施設が新たに掲載されました。

  • 226軒の星付きレストランが掲載され、東京は今年も世界一星の多い都市となりました。
  • 「かどわき」(港区/日本料理)が新たに三つ星に評価を上げました。2009年の初掲載以来、二つ星を維持し続け、このたび12年目にして三つ星となりました。
  • 二つ星に評価を上げた「プリズマ」(港区/イタリア料理)は2018年に一つ星として初めて掲載され、現在日本で唯一のイタリア料理での二つ星となりました。東京でイタリア料理が二つ星の評価になるのは『ミシュランガイド東京2011』以降で初めてです。

書籍は11月29日(金)より全国の主要書店で発売します。これに先立ち、本日13時よりミシュランガイド公式ウェブサイト「クラブミシュラン(Club MICHELIN)」(https://clubmichelin.jp)にてセレクションを公開します。


「ミシュランガイド東京2020」の主なセレクション
三つ星() 11軒の飲食店・レストラン(うち、 1軒)
二つ星() 48軒の飲食店・レストラン(うち、 1軒、2軒)
一つ星() 167軒の飲食店・レストラン(うち、 19軒)
ビブグルマン() 238軒の飲食店・レストラン(うち、 35軒)
宿泊施設 1軒の旅館、33軒のホテル(うち、?2軒)
※ 新規掲載、評価が上がった飲食店・レストラン

料理の評価は、ミシュランガイド独自の5つの基準により、三つ星()「そのために旅行する価値のある卓越した料理」、二つ星()「遠回りしてでも訪れる価値のある素晴らしい料理」、一つ星()「近くに訪れたら行く価値のある優れた料理」で表現しています。このほかに、ビブグルマン()「価格以上の満足感が得られる料理」のお店もあります。

その他に、『ミシュランガイド東京2020』のセレクションには以下の特徴があります。

  • 三つ星11軒のうち、発売以来三つ星を維持し続けているのは「かんだ」(日本料理/港区)、「カンテサンス」(フランス料理/品川区)、「ジョエル・ロブション」(フランス料理/目黒区)の3軒です。
  • デンマークの三つ星レストラン「noma」プロデュースの「Inua」(千代田区/イノベーティブ)が二つ星で初掲載されました。
  • 二つ星に評価を上げた「銀座 しのはら」(中央区/日本料理)は2018年に一つ星で初掲載され、2020年版で評価を二つ星に上げました。
  • 流行の変化が早く競争の激しい東京の特性を反映し、新規掲載の飲食店・レストランは55軒で、料理カテゴリーは17種類でした。うち、20軒に星が付き、35軒がビブグルマンとして掲載されました。
  • 女性シェフの飲食店・レストランは25軒で、そのうち星付きで掲載されているのは3軒でした。
  • 2019年版まで三つ星で掲載されていた「すきやばし 次郎 本店」「鮨 さいとう」は一般予約が不可となったため、ミシュランガイドの掲載対象外となりました。

日本ミシュランタイヤ株式会社 代表取締役社長 ポール・ペリニオは以下のようにコメントしています。

「東京は星付きの飲食店・レストランの数が226軒と、今年も世界一星の多い都市となりました。良質な食材が集まる利点があり、さらに、それを調理する素晴らしい腕前の料理人も国内外から集まる東京は、美食都市として世界をリードし続けるでしょう。また、女性シェフの飲食店・レストランが年々増えてきていることも特筆に値します。2020年に東京を訪れるであろう多くの観光客にも、ミシュランガイドを利用して素晴らしい体験をしていただけることを願っています。ミシュランは今後も旅の楽しみや新たな発見の喜びを伝え、モビリティの向上に寄与する製品やサービスを提供してまいります」

ミシュランガイド インターナショナル・ディレクター グウェンダル・プレネックは以下のようにコメントしています。

「世界で一番多くの星が輝く東京に、今年も新たな星が数多く誕生しました。その多くはもちろん和食の料理カテゴリーで、そのレベルの高さと、25種類というバラエティの多さは、日本料理の人気の所以です。今年のセレクションは若手の台頭が見られるだけでなく、老舗や、有名店で修業していたシェフが独立開業して新規掲載となった飲食店・レストランも多くありました。来年、ガイドブックが誕生してから120年を迎えますが、ミシュランガイドはこれからも、独立性と中立性を保ち、世界統一の評価基準で厳正な調査を貫き、皆様にお勧めの飲食店・レストランを紹介します」

ミシュランガイド東京2020 書籍概要

【タイトル】
ミシュランガイド東京2020
【発売日】
2019年11月29日(金)
【定価】
3,180 円+税
【ISBNコード】
978-4-904337-36-3 C2026
【発行】
日本ミシュランタイヤ株式会社

「ミシュランガイド公式リストby クラブミシュラン」について

日本ミシュランタイヤ株式会社が2018年4月12日に開設したウェブサイトで、日本で発行されているミシュランガイドのセレクションを無料で検索・閲覧できます。店舗詳細の参照や様々なサービス機能が利用できる会員制ウェブサイト「クラブミシュラン(CLUB MICHELIN)」への会員登録もスムーズです。

【アドレス】
https://japanguide.michelin.co.jp (PC&スマートフォン対応)
【主な機能】
国内の全ミシュランガイド掲載店名の検索・閲覧
【価格】
無料
【掲載エリア】
北海道、宮城、東京、富山、石川、愛知、岐阜、三重、京都、大阪、鳥取、広島、愛媛、福岡、佐賀、熊本、大分、長崎(2019年11月現在)

※横浜・川崎・湘南、兵庫、奈良は掲載を終了しています。

ミシュランガイド公式ウェブサイト「クラブミシュラン(Club MICHELIN)」について

株式会社ぐるなびと日本ミシュランタイヤ株式会社が運営しています。日本で発行されているミシュランガイドのセレクションが検索・閲覧でき、一部店舗のネット予約、ぐるなびが提供するお店のこだわり情報、クラブミシュラン限定メニューなどが利用できるサービスです。

【アドレス】
http://clubmichelin.jp (PC&スマートフォン対応)
【主な機能】
国内のミシュランガイド掲載店の詳細情報の検索・閲覧、ブックマーク機能、専門スタッフによるセレクション案内、予約代行コンシェルジュ、店舗情報メール送信機能、地図閲覧・印刷機能など
【価格】
レギュラー会員(330 円/月額、3,300 円/年額)
※スマートフォンアプリ課金経由でのご登録の場合、月額350 円、年額3,300 円となります。
ゴールド会員(5,500 円/月額、16,500 円/年額)
※スマートフォンアプリ課金経由でのご登録の場合、月額5,400 円、年額16,400 円となります。
※予約代行コンシェルジュはゴールド会員のみ可能。レギュラー会員は予約代行コンシェルジュ(2,200 円/月額)をオプション追加可能。金額はいずれも税込み。
【掲載ガイド】
日本で発行されているミシュランガイド
【国内掲載エリア】
北海道、宮城、東京、富山、石川、愛知、岐阜、三重、京都、大阪、鳥取、広島、愛媛、福岡、佐賀、熊本、大分、長崎(2019年11月現在)

ミシュランガイドについて

1900年8月、最初のミシュランガイドがフランスで発行されました。当初、ドライバーのために作成されたこのガイドには、タイヤの使い方と修理方法、自動車修理工場のリスト、ガソリンスタンド、ホテルやレストランなどの実用的な情報が多数掲載されていました。ミシュラン兄弟が目指したのは、自動車の活用を促進し、ひいてはタイヤ市場を発展させていくために、旅をより安全で楽しいものにすること、つまりモビリティを向上させることでした。これは現在も、タイヤはもちろん、ミシュランの地図、ガイドブックなど各種刊行物を含めた共通の目標になっています。1911年にヨーロッパ中を網羅したガイドブックが完成し、1926年、「おいしい料理を星の数で表す」評価法がスタートしました。ミシュランガイドはまたたく間に美食ガイドの代表格となりました。2006年、北米に進出してニューヨーク版、2007年にはサンフランシスコ、ラスベガス、シカゴ版が次々と発行されました。同年にアジア初として発行された東京版は2016年に10年目を迎え、2009年に国内2番目として発行された京都・大阪版も2018年に10年目を迎えました。その後も香港・マカオ版やリオデジャネイロ・サンパウロ版、シンガポール版、ソウル版、バンコク・プーケット&パンガー版、台北版などヨーロッパ以外でも掲載エリアを拡大中です。日本では2012年以降、特別版の掲載エリアを毎年拡大しており、現在は北海道版、宮城版、富山・石川(金沢)版、愛知・岐阜・三重版、広島・愛媛版、鳥取版、福岡・佐賀・長崎版、熊本・大分版が発行されています。
また、新潟版を来春発行することが11月7日に発表されました。

※横浜・川崎・湘南、奈良、兵庫エリアは掲載を終了しています。

ミシュランについて

ミシュランは、フランス クレルモン=フェランに本社を置くタイヤ製造の世界的なリーダーです。12万5,000人以上の従業員を擁し、170カ国で持続可能なモビリティの実現のため、お客様にとって最適なタイヤ、サービス、ソリューションを提供しています。67製造拠点で、約1億9千万本のタイヤを製造(2018年実績)するとともに、デジタルサービス、旅行ガイド、ホテル・レストランガイド、地図など、皆様のモビリティをユニークで充実した体験にするお手伝いや、多様な産業に提供するハイテク素材を開発しています。詳しくは www.michelin.com をご参照ください。

日本のミシュランについて

ミシュランの日本における歩みは、1964年9月17日、東京オリンピック開幕の23日前に開通した浜松町・羽田空港間に新設されたモノレールへのミシュランスチールラジアル“X”タイヤの採用から始まりました。日本ミシュランタイヤの歴史は東京オリンピックとともに始まったといっても過言ではありません。日本ミシュランタイヤは、ミシュラングループの基礎研究と日本・アジア地域の乗用車、ライトトラック用タイヤの開発を担うとともに、モーターサイクル用から乗用車・ライトトラック用、トラック・バス用、航空機用、建設機械・農業機械用まで幅広いレンジのタイヤを取り扱い、ガイドブック事業、ライセンス事業も展開しています。

最新の外食ニュース

通信暗号化方式「TLS1.0/1.1」「SSL3.0」のサポート終了について
メルマガ登録はこちら