大山崎山荘美術館:企画展「清宮質文-限りなく深い澄んだ空気」開催

掲載日: 2019年11月14日 /提供:アサヒグループホールディングス

2019年11月14日
アサヒビール株式会社

<関西で初の回顧展>
「清宮 ( せいみや ) 質文 ( なおぶみ ) -限りなく深い澄んだ空気」
開催のお知らせ

アサヒビール大山崎山荘美術館(所在地 京都府乙訓郡大山崎町 館長 田中 ( たなか ) 晃 ( あきら ) )は、2019年12月14日(土)から2020年3月8日(日)まで、企画展「清宮質文 -限りなく深い澄んだ空気」を開催いたします。

清宮質文(1917-1991)は画家、版画家の清宮彬 ( ひとし ) の長男として東京に生まれ、東京美術学校(現・東京藝術大学)で油彩画を学びます。卒業後、美術教師や商業デザイン会社勤務を経て、1953年ころから画業に専念するようになり、以降、本格的に版画やガラス絵を制作しました。その静謐で詩情に満ちた画風は高く評価され、今でも多くの人々を魅了してやみません。

本展は関西ではじめて、その画業の全貌を紹介する貴重な機会となります。版画家として広く知られる清宮ですが、ガラス絵の作品にも焦点をあて、心の奥底へ深くしみ渡っていくような清宮質文の芸術の魅力をご紹介いたします。

関連イベントとして、岸本 ( きしもと ) 員臣 ( かずおみ ) 氏(瀬戸内市立美術館館長)によるスペシャル・ギャラリートークや、京都市立芸術大学音楽学部の学生によるクリスマススペシャルコンサートを開催いたします。また、会期中限定で、代表作《蝶》(1963年)と、《夕日と猫》(1979年)をイメージした、本展特製オリジナルスイーツ(協力:リーガロイヤルホテル京都)を提供いたします。

※会期中展示替えを行います。
前期:2019年12月14日(土)- 2020年1月26日(日)/後期:2020年1月28日(火)- 3月8日(日)

【 開催要項 】

展覧会名 : 清宮 ( せいみや ) 質文 ( なおぶみ ) -限りなく深い澄んだ空気
会 期 : 2019年12月14日(土) - 2020年3月8日(日)
前期:2019年12月14日(土) - 2020年1月26日(日)
後期:2020年1月28日(火) - 2020年3月8日(日)
休 館 日 : 月曜(ただし、祝日の場合は翌火曜)
年末年始休館:2019年12月26日(木) - 2020年1月3日(金)
開館時間 : 10:00-17:00(最終入館 16:30)
会 場 : アサヒビール大山崎山荘美術館 〒618-0071 京都府乙訓郡大山崎町銭原5-3
JR山崎駅または阪急大山崎駅より徒歩約10分
TEL:075-957-3123(総合案内) https://www.asahibeer-oyamazaki.com
主 催 : アサヒビール大山崎山荘美術館
後 援 : 京都府、大山崎町、大山崎町教育委員会、京都新聞、読売新聞京都総局、朝日新聞京都総局、毎日新聞京都支局、産経新聞社京都総局、中日新聞京都支局、エフエム京都
協 力 : ミウラ・アーツ
入 館 料 : 一般900円(800円)、高大生500円(400円)、中学生以下無料、障害者手帳お持ちの方300円 ※( )内は 20名様以上の団体の場合
作品点数 : 約110点 ※会期中展示替えを行います

【 会期中のイベント 】

■ スペシャル・ギャラリートーク

講 師 : 岸本 員臣氏 (瀬戸内市立美術館館長)
日 時 : 2020年1月18日(土) ①11:30-12:15 ②14:00-14:45
定 員 : 各回20名、要申込(先着順)
会 場 : 当館展示室
参 加 費 : 無料、ただし美術館入館料は別途必要
申込方法 : 返信可能なFAXまたは往復はがきで
(1)希望時間の番号 (2)参加者全員分の氏名
以下、代表者のみ
(3)住所(4)電話番号(5)FAX番号 をご記入のうえ、「イベント係」まで
※FAX:075-957-3126
※申込は1回につき2名様まで、①②いずれか1回のみご参加可
※対象は中学生以上
※往復はがきの場合は、2020年1月11日(土)必着
※電話・メールによる受付はいたしません
※定員に達し次第、当館ウェブサイトでお知らせいたします

■ ギャラリートーク

日 時 : 本展覧会中の第2、第4土曜日14:00-14:30
会 場 : 当館展示室
内 容 : 当館学芸員が展示の見どころを解説いたします
参 加 費 : 無料、ただし美術館入館料は別途必要 ※事前申込不要

■ クリスマススペシャルコンサート

≪弦楽四重奏≫ 日時:2019年12月24日(火) ①11:30-②14:30-
≪フルート四重奏≫ 日時:2019年12月25日(水) ①11:30-②14:30-

会 場 : 当館展示室
内 容 : 京都市立芸術大学音楽学部の学生によるコンサート(各回約25分)
参 加 費 : 無料、ただし美術館入館料は別途必要 ※事前申込不要
協 力 : 京都市立芸術大学キャリアデザインセンター

■ カフェ企画 清宮質文展特製スイーツ

内 容 : リーガロイヤルホテル京都が考案した特製オリジナルスイーツを提供いたします
期 間 : 展覧会会期中
場 所 : 当館喫茶室
料 金 : スイーツ単品各570円
スイーツ・ドリンクセット各970円(コーヒー/紅茶いずれかとセット)
※税込、美術館入館料は別途必要
協 力 : リーガロイヤルホテル京都

①蝶
―ブルーベリーのケーキ&ソルトバタークッキー
1963年の作品《蝶》をイメージしたスイーツです。
ケーキは、スポンジケーキにほんのりと甘いブルーベリーのジャムを塗り重ねて、表面に「バタフライピー」という花のパウダーで作ったバタークリームを塗り、バタフライピーのジャムで仕上げました。
蝶の形のソルトバタークッキーと一緒にお楽しみください。

②夕日と猫
―木苺のケーキ&ココアクッキー 1979年の作品《夕陽と猫》をイメージしたスイーツです。
ケーキは、苺風味のスポンジケーキに甘酸っぱい木苺のジャムを塗り重ねて、表面に木苺のバタークリームを塗り、苺のジャムで仕上げました。
猫の形のココアクッキーと一緒にお楽しみください。

最新の食品ニュース





メルマガ登録はこちら
フーズチャネルタイムズ 無料購読はこちら