業界動向

ブログからみた「バーベキュー」シーズンの戦略

株式会社 日立システムズ  2014年05月12日

本コーナーでは、ソーシャルメディアに残された大量のデータの中から食ビジネスに役立つキーワードを分析し、皆様へ簡易レポートとしてお届け致します。第2回では、「バーベキュー」というキーワードに注目しました。

「バーベキュー」に関するブログの内容について

social_20140512_barbq_graph01

上記は「バーベキュー」のブログ上における投稿数推移です。全体的に見ると、『バーベキュー』は暖かくなる時期、そして連休が絡む時期(5月、8月)に上昇するワードであると読み取れます。逆に気温が低下する11月からは顕著に減少します。

ブログで「バーベキュー」と一緒に投稿されているキーワード

social_20140512_barbq_chart01

ブログの内容を見てみると1位、2位の「楽しい」「肉」のほか「野菜」、「美味しい」という定性的なワードと共に、調理方法やハーブの使用方法なども見られました。更に「食べ物」に関する話題にフォーカスを当ててみましょう。

social_20140512_barbq_graph02

肉、魚が約半数を占める結果となりましたが、意外にもデザートの数値が20%となっていることに注目です。

今後注目したいキーワード

ブログのキーワードデータから見えてきた、今後注目したい「バーベキュー」に関するポイントは下記の3つになります。

social_20140512_barbq_chart02

1.バーベキューでデザート(甘いもの)を楽しむ!

円グラフのデザート部分のブログをみると「スイカ、フルーツ、ケーキ、マシュマロ、カキ氷、アイス」などのキーワードが見られました。バーベキューでデザートを楽しむために事前準備を工夫されている方もいるようです。凍らせたフルーツ(そのまま食べる、スパークリングワインに入れて楽しむ。保冷剤代わりにする)、前日にブランデーに漬け込んだドライフルーツ(当日はホットケーキの生地に混ぜて焼く)、塩バタースコッチソースを手作り(アイスや焼いたパイナップルにトッピングする)などの工夫が見られました。バーベキューの季節には意外な食材が売れているのかもしれません。

2.調理方法で岩塩プレートを使ってみる

ブログの集計データからバーベキューの主役でもある肉や魚の調理法を見てみると、一番多いのは、オーソドックスな塩・コショウでした。反対にダッチオーブン、タンドリーチキン、ローストビーフなど手の込んだ料理法が多数投稿されるなど、調理方法に関しては両極端な楽しみ方があるようです。
今回注目したいのは少数派意見の「岩塩プレートで焼く」というもの。『岩塩プレート』をソーシャルメディア(Twitter、ブログ)にて調べてみても「BBQ用に使ってみたい」「買ってみたけどけっこうよかった」「岩塩プレートで焼く肉は美味しい」等の発言があり、関心があることは確かと言えそうです。岩塩を鉄板や器の代わりとして提供するという発想は、新しいメニュー作りにつながるかもしれません。

3.味付けでハーブをもっと活用する!

最後にサイドメニューと野菜を見てみます。ブログによるとトウモロコシ、かぼちゃ、キノコ類等の串焼き、ピクルスが王道のようでした。それ以外で興味深かったのが『ハーブ』についての調理方法でした。『トマトのホイル焼き(トマトの中にチーズとバジルをつめて焼いたもの)』『ハーブサーモン』『栽培したローズマリーと岩塩に漬け込んだ肉』等々。
『ハーブ』で一手間加えて、香りや彩りを楽しんでいる人が増えるということは、これまでより、もっと個性的でもっと自分好みの味付けを探している人が増えているということです。違う目線で考えれば、自分好みに味付けやオプションを細かくカスタマイズできるようなサービスが喜ばれるのかもしれません。

以上、ブログからみた『バーベキュー』から考える戦略でしたがいかがでしたでしょうか。今後もソーシャルメディアデータ分析では消費者の嗜好や新しい商品・サービスの発掘、意外なキーワードを違ったテーマでご提供いたします。ご期待ください。

執筆者プロフィール

株式会社 日立システムズ 

住所:〒141-0032 東京都品川区大崎1-11-1 ゲートシティ大崎ウエストタワー12階
公式HP:http://www.hitachi-systems.com/

業界動向  バックナンバー

関連タグ

『BtoBプラットフォーム』とのID統合について


最新の市況情報

フーズチャネルコンテンツガイド