検索急上昇ワード

話題のワードを解説!「溶けないアイス」「だまされたふりかけ」「近畿大学水産研究所」など

2014年04月29日

2014年4月の「Yahoo!検索ランキング」急上昇ワードにランクインした食に関する言葉をいくつかご紹介。消費者の行動が次のニーズを教えてくれます。

だまされたふりかけ

4月18日 25位 →YAHOO!で検索
振り込め詐欺への注意を呼びかけるふりかけがネットで話題に。埼玉県東松山警察署と地元の防犯団体が「だまされたふりかけ」と名付けたふりかけを高齢者の家を回って配布した。パッケージに詐欺への対応が記載されており、犯人から電話がかかってきた際は、騙されたふりを続けて電話を切ったあと、警察に通報してほしいという。

警視庁などでは「だまされたふり作戦」として市民に協力を呼びかけており、このふりかけが食卓に置いてあれば、ふりかけを見るたびに注意喚起できると期待しているという。社会問題を食卓から解決したいというユニークな試みが話題となったようだ。

ベーコンエッグつけ麺

4月15日 28位 →YAHOO!で検索
ネットで話題となった、トッピングが風変わりなつけ麺。秋葉原の麺屋武蔵 巖虎(秋葉原店)が春限定で販売するメニューで、濃厚な豚トマ魚介スープに目玉焼きを浮かばせ、器から大きくはみ出た厚切りチャーシューベーコンが乗っているのが特徴。目を引くようなメニュー画像とともに美味しいという口コミがフェイスブックやツイッターで拡散された。

味もさることながら、つけ麺のイメージとかけ離れた斬新なトッピングが来店客の心を捉えたようだ。同店では過去にも大きなソーセージを乗せた「虎のしっぽ カレーつけ麺」なども販売して話題となった。専門店の観念にとらわれない発想はメニュー開発のヒントになりそうだ。

近畿大学水産研究所

4月8日 16位 →YAHOO!で検索
「お試しかっ!」で紹介された、養殖魚専門の海鮮レストラン。世界で初めてクロマグロの養殖に成功した近畿大学水産研究所は、飼育した魚を取り扱う飲食店を民間企業による委託運営で出店している。メニューはマグロを始め、マダイやシマアジ、ブリなどのほか和歌山県の名産品などで、出店後半年たった今でもディナーの予約は取りにくいほどの人気。

2014年3月に水産庁から天然クロマグロ類の資源保護のため大幅な漁獲規制が表明され、養殖魚の注目が高まった。水産資源の減少が懸念される中、養殖の事業はますます拡大しそうだ。

溶けないアイス

4月3日 16位 →YAHOO!で検索
関東の大学生が卒論のテーマとして開発し、介護食として期待できるとネットで話題に。アイスは高齢者の誤嚥(食べ物が気管に入ること)を起こしにくいが、病院や介護施設などの集団給食では配膳時間などの問題で提供が難しいといわれていた。

このアイス風デザートは冷凍庫から取り出した後は常温でも一時間程度は溶けず、アイスクリームと同じ食感や風味があるという。味はバニラ、チョコ、ストロベリー、あずき、抹茶があり、去年の夏に業務用冷食メーカーから発売されて介護施設の給食に利用されている。2015年は4人に1人が65歳以上となると予想される中、溶けないアイスの需要は広がりそうだ。

検索急上昇ワード バックナンバー

関連タグ

『BtoBプラットフォーム』とのID統合について




最新の市況情報

フーズチャネルコンテンツガイド