業界動向

オンライン忘年会需要に応える、外食事業者の集客キャンペーンまとめ

2021年12月06日

20211206_bonenkai_main

年末といえば、飲食店にとって大きな売上を占める忘年会のシーズンだ。新型コロナウイルスの新規感染者が落ち着きつつある現状では、都市部をはじめ多くの地域で飲食店の時短要請の解除や利用人数制限が緩和された。しかしウイルス感染の波がいつまた訪れるとも限らず、海外では変異株による感染の再拡大が懸念されていることなどを背景に、企業の7割は忘年会・新年会を開催しない(東京商工リサーチ)という。

そんな中、宴会需要が見込めないレストランや居酒屋などでは、通常の忘年会予約とともにオンラインや自宅で開催される小規模忘年会に対応する店も出てきた。今回は、イートイン以外の集客対策や取り組みをまとめた。

忘年会や新年会の需要が縮小傾向にある今、イートイン以外の需要を見越した集客対策に力を入れる外食企業が出てきた。飲食業界で実施されている様々な事例を紹介するので、自社で取り組む施策の参考にしてほしい。

店舗名(企業名)キャンペーン
お料理宅配サイト ハコシェフ(株式会社ノンピ) 自宅やオフィスで忘年会を楽しめる特別メニューを提供
チアーズワン(ベスティ株式会社) オンライン忘年会にチアガールが参加。パフォーマンスを提供する
居酒屋しぶやくん おうち二次会用のおつまみを無料で提供
シェフコレ/くるめし弁当(日本フードデリバリー株式会社) レストランの本格料理をケータリングで楽しめる「シェフコレ」で人数・オフィス・個食に対応した安心・安全な忘年会をサポート。

年末年始向けのお弁当/オードブルプランの拡充
株式会社ポジティブドリームパーソンズ テイクアウトとデリバリー特別メニューを販売
炭 肉 酒 仕事馬、牡蠣ビストロ 貝殻荘 飯田橋サクラテラスほか (スパイスワークスホールディングス) 11月限定特別プランを実地
DeliPa Cool(株式会社NEO FLAG) リアル×オンライン融合型の“ハイブリット忘年会”サービス提供

巣ごもり需要を狙う際には、プランの規模にも注目

今年の年末年始は、堅実なイートインの営業をしながらも、自宅や会社のオフィスでの忘年会需要に対応する必要がある。そのためにもテイクアウトやデリバリーサービスによる集客は欠かせない。

その際注目したいのが、飲み会に集まる人数や会の規模感だ。感染予防の観点から、自宅宴会やオフィスでの飲み会であってもリスクを減らすため、大人数での開催は控えると予想される。そのため2~6人規模の少人数プランを用意したり、取り分ける必要のない個別容器を提供したり、感染防止の観点から考えられる対策はいくつかあるだろう。

他にも忘年会コースセットの場合、テイクアウトであっても商品を並べた際の見栄え、準備・片付けなど容易さなどの観点からメニューの品数や内容を考える必要がある。

また、近年はオンラインならではの催し物や、料理をセットでパフォーマンスを楽しめるサービスを提供する企業も登場している。料理だけでなく新しい視点で自社のサービスやメニューを見直すことが求められそうだ。

コロナ禍で、忘年会の規模や形態は変わっていても消費者の飲食店に対する期待は大きい。ぜひイートインに加えてオンラインの需要を取り込みながら今年の忘年会・新年会を盛り上げていただきたい。


仕入れ金額の計算を自動化する発注システム

業界動向  バックナンバー

おすすめ記事

関連タグ



日本冷凍食品協会公式YouTubeチャンネル
業務用食品、衛生関連資材の購入は、BtoBプラットフォーム商談 eSmartで!会員登録無料・今なら3500ポイントプレゼント!

メルマガ登録はこちら
フーズチャネルタイムズ 無料購読はこちら