セミナー・イベントレポート

FOODCROSSセミナーレポート(後編)~顧客体験を最大化するDX戦略や販路拡大のポイント

2021年11月15日

第2部 コンセプトに基づいたお店作り・販路拡大のポイントとは~筋肉食堂(TANPAC)

コロナ禍で飲食店が悲鳴をあげる中、売り上げが順調なのはTANPAC株式会社が運営する「筋肉食堂」だ。「高タンパク・低カロリーなのに美味しい料理を世に広めたい」というコンセプトを軸とし、素材を最大限に生かした調理法で料理を作っている。第2部では、同社のマネージャー・谷川俊平氏が店づくりや販路拡大の秘訣について話した。

「筋肉食堂」の経営イメージはディズニーランド

20211115_foodcrossseminar_006

TANPAC株式会社
マネージャー 谷川俊平氏

谷川:私は、筋肉食堂を始める前はトレーニングジムのパーソナルトレーナーでした。お客様の目標に沿ってトレーニングや食事をサポートしていましたが、長年指導していても体に変化が起きやすい人と、そうでもない人がいることに気づきました。

その差は何かと考えた時、トレーニングよりも食事だと痛感したのです。『今日は頑張って運動したから、焼肉食べ放題に行こう!』という人か、『トレーニング後には高タンパクな胸肉を食べよう』という人だと圧倒的に後者の方が結果を出します。

高タンパク、低カロリーというブランドを日本中に周知させたいと思い、まずは良いものを知ってもらわないと始まらないと実店舗を運営し始めました。経営のイメージはディズニーランドです。ディズニーは映画やアニメがあるので、自宅でも気軽にその世界観を楽しめますよね。でも、ディズニーランドのある千葉県にわざわざ足を運んで、あの世界観を現地で楽しむことが醍醐味なのだと思います。

そういう体験をしてもらえる場所を作りたいと思い、筋肉食堂を立ち上げました。主なターゲット層は、ジムに通っている30代から60代くらいで、体作りに自己投資をしている方ですが、色んな方に利用してもらえるようにおしゃれな空間作りに励んでいます。

高タンパク、低カロリー、美味しさを意識したメニューづくり

20211115_foodcrossseminar_003

谷川:ただ、味付けを濃くするとカロリーが上がってしまうので、工夫して調理しています。胸肉は家庭で調理するとパサパサになりがちですが、スチームコンベクションオーブンという機械を使って蒸し焼きにすると外はカリカリ、中はふわふわのステーキが出来上がります。

また、すべてのメニューにカロリーやタンパク質、脂質、糖質がどれくらい入っているか記載するようにしています。昨年はコロナの影響で実店舗の売り上げが低迷したので、冷凍弁当の販売も開始しました。自社工場をオープンして店舗と同じ調理器具を使うなどして、店舗とほぼ同じ味を提供するように心がけています。

20211115_foodcrossseminar_004

僕たちは高タンパク・低カロリーを日本のスタンダードにしたいと事業をはじめました。今はボディメイク寄りのワードに聞こえがちですが、日本は高齢化社会ですし、これからは、健康に寄与した言葉になると思います。

コロナ禍で飲食業界は大打撃を受けましたが、最後まで残れるお店は、時代ごとに先手で仕掛ける姿勢があるところです。コンセプトを明確にしながら、時代に合わせたチャンネルや手法を取り入れていくことが大事だと思っています。

まとめ~飲食業界向けのDXサービスを正しく活用し、価値のあるサービスを

前・後編を振り返ってみると、今後も外食産業にとっては厳しい状況が続くという予想もあるなかで、消費者には新たな付加価値を提供し続けることが求められていることがわかる。
そのためにもIT化によって従業員の負担を減らしサービス力を高めたり、DXサービスを活用したりしながら、顧客のデータやニーズを把握し新たな経営戦略を打ち出していく必要がある。

11月18(木)には、実際にフードテック飲食店の体験ができる『FOODCROSS conference 2021』の開催が予定されている。「つながる」をテーマに飲食業だけでなく・卸売業・食品メーカーなどさまざまな企業がブースを構えている。新たなビジネスのヒントにしてみてはどうだろうか。


仕入れ金額の計算を自動化する発注システム

■会社名:株式会社CRISP
公式サイト:https://www.crisp.co.jp/
代表取締役社長 宮野浩史 氏
1981年千葉県生まれ。15歳で渡米し、18歳のときに現地で飲食業を起業。22歳で帰国し、タリーズコーヒージャパンで緑茶カフェ業態に5年携わる。その後、ブリトー&タコス専門店「フリホーレス ブリトー&タコス」を立ち上げる。現在はカスタムサラダ専門店「CRISP SALAD WORKS」の展開を通じて、デジタルトランスフォーメーションで既存の外食業界にイノベーションを起こすことを目指す。

■会社名:TANPAC株式会社
公式サイト:https://kinnikushokudo-ec.jp/
マネージャー 谷川俊平 氏
高タンパク低カロリー食レストラン「筋肉食堂」を運営するTANPAC株式会社マネージャー。1983年大分県生まれ。
福岡大学スポーツ科学部卒業後、スポーツジム「TOTAL Workout」に入社。トップアスリートや有名芸能人のボディメイクを10年間担当。2015年、「筋肉食堂」をオープン。

セミナー・イベントレポート  バックナンバー

おすすめ記事

関連タグ



ダスキンのHACCP対応アプリ(無料・効率化・かんたん)
業務用食品、衛生関連資材の購入は、BtoBプラットフォーム商談 eSmartで!会員登録無料・今なら3500ポイントプレゼント!

メルマガ登録はこちら
フーズチャネルタイムズ 無料購読はこちら