経営者インタビュー

飲食一筋20年、串カツ田中の貫社長が狙う新たな展開〜 株式会社串カツ田中・貫啓二社長

2018年01月23日

もう資金も残りわずかな状態でしたが、どうせ大阪に戻るくらいならと思い直し、世田谷区の1軒の居抜き物件にすべてを掛けました。それが串カツ田中の1号店です。

【Q】オープン当初、事業展開についてどのように考えていたのでしょうか

当時は、例えば100店舗を目指そうとか、上場しようといったことはまったく考えていませんでした。ただ、串カツ田中が永続的に成長していけばいいという思いはあったのです。

20180123_kushikatsutanaka_006

それまで私がやってきた飲食店というのは、一流の職人さんを入れたり、人気のデザイナーさんに店をデザインしてもらったり、繁盛はしていたもののどこか自分達の力ではないような気がしていました。

でも、串カツ田中に関しては、調理も自分たちでやりますし、内装もお金をかけていません。その分、本当に自分たちで店を作り、育てているという実感を持てたんです。

大切なのは、自分自身が理念にとことん惚れ込むこと

【Q】串カツ田中を育てていく上で、大切にしてきたことは何でしょう

理念ですね。最初に作ったのは、「お客様の笑顔をひとりでも多く生むことにより、利益を得、全従業員の物心両面の幸福を追求する」というものでした。僕はこの理念に真剣に向き合ったんです。だから3店舗目を出す頃には完全週休二日制を導入したり、労働時間の短縮や慰安旅行も取り入れました。それで会社が成長したことで、理念の意味が自分のなかで確信に変わり、僕自身がどんどん惚れ込んだんですね。

現在は、文言を少し変えて、「串カツ田中の串カツで、1人でも多くの笑顔を生むことにより、社会貢献する」としました。やはりお客様の幸せがあって、僕らも幸せになり、さらに取引先さんや株主さんといったステークホルダーの幸せを追求しないといけませんからね。

【Q】理念をどのようにスタッフに浸透させたのでしょうか

20180123_kushikatsutanaka_007

理念を浸透させるには、まずは掲げた理念に社長自身が惚れ込むしかありません。嘘偽りなく向かうことが大事です。いくら綺麗事を言っても、本当に心の底から思っていないとスタッフには絶対にバレます。だから、自分がブレずに理念に紐づいた行動しかしないことで、スタッフにも徐々に理念が広がっていくと思います。


串カツ田中の活用事例公開中

経営者インタビュー バックナンバー

おすすめ記事

関連タグ

通信暗号化方式「TLS1.0/1.1」「SSL3.0」のサポート終了について
メルマガ登録はこちら