飲食業界なう

大手外食チェーンの値上げ情報まとめ~飲食店を取り巻く現状と今後

2018年01月19日

20180119_neage_main

2017年の外食産業においては、業態を問わず多くの企業が値上げに踏み切った。中でも、長年「全品280円(税抜)均一」の圧倒的なコストパフォーマンスで人気を集めていた焼き鳥専門店チェーンの「鳥貴族」が、「全品298円(税抜)均一」に引き上げたことが象徴的であろう。

そこで今回は、2017年1月以降に大手外食チェーンが実施した値上げ情報をまとめ、その背景を探る。

値上げ情報一覧

はじめに、2017年に値上げを実施した企業について、各ホームページや報道などをもとに表にまとめた。

>> PDF版を表示

ブランド名価格改定商品・内容理由改定時期
いきなり!ステーキ ■オーダーカットステーキ(税別)
ヒレステーキ/1g8.5円 → 9円
アンガスCABサーロインステーキ/1g7.5円 → 8円
鳴尾ブランドサーロインステーキ/1g7.5円 → 8円
■平日ランチメニュー(税別)
ワイルドハンバーグ(300g)/1,000円 → 1,100円
ワイルドハンバーグ(200g)/800円 → 900円
トッピングハンバーグ(150g)/450円 → 500円
仕入価格変更 2017年
3月1日
■ステーキ(税別)
リブローステーキ/1g6.5円 → 7.3円
アンガスCABサーロインステーキ/1g8円 → 8.5円
鳴尾ブランドサーロインステーキ/1g8円 → 8.5円
■ビール(税別)
生ビール/480円 → 500円
グラス生ビール/250円 → 270円
仕入価格変更
酒税法改正
2017年
7月1日
■ステーキ(税別)
リブロースステーキ/1g7.3円 → 6.9円
アンガスCABサーロインステーキ/1g8.5円 → 8.2円
鳴尾ブランドサーロインステーキ/1g8.5円 → 8.2円
ワイルドステーキ 200g/1,100円 → 1,130円
ワイルドステーキ 300g/1,350円 → 1,390円
ワイルドステーキ 450g/1,800円 → 1,850円
■ドリンク(税別)
グラスワイン/500円 → 520円
ボトルワイン/2,500円 → 2,600円
ハイボール/400円 → 420円
仕入価格変更
酒税法改正
2017年
10月20日
大戸屋 生ビール/518円、ミニ生ビール/260円に改定 酒税法改正 2017年
11月6日
香の川製麺 かけうどん、ぶっかけうどん、ざるうどん(並)/各280円 → 290円 水光熱や原材料価格の高騰、人件費の増大 2017年
10月1日
カレーハウスCoCo壱番屋 ■ポークカレー、甘口ポークカレー/463円 → 484円 ※一部店舗
■トッピング商品
・チーズ/207円 → 217円
・やさい、ほうれん草/206円 → 226円
食材価格の上昇に加え、人件費を中心とした店舗運営コストの上昇 2016年12月~2017年12月に順次
串カツ田中 生ビール、ホッピーセット、サワー、カクテル/390円 → 399円(税別)
角ハイボール/370円 → 390円(税別)
酒税法改正 2017年
7月1日
ジョイフル 一部メニューで10円~100円の幅で値上げ 人件費をはじめとする諸経費の高騰 2017年
10月24日
すかいらーくグループ(ガスト、バーミヤンなど) サイドメニューのほか、ドリンク類など
客単価15円アップ
最低賃金の増額、出店数の増加による従業員の採用強化、社会保険の適用拡大など 2017年
10月
すき家 牛丼(中盛)/470円 → 480円
牛丼(大盛)/470円 → 480円
牛丼(特盛)/580円 → 630円
牛丼(メガ)/730円 → 780円
トッピング各種/+10円
セット/+20円~40円
食材価格の高騰と人件費の上昇 2017年
11月29日
てんや ■天丼
上天丼/680円 → 690円
オールスター天丼/740円 → 750円
えび野菜天丼/620円 → 630円
■ドリンク類
生ビール(中)/400円 → 430円など
昨今の諸物価および人件費の高騰 2017年
9月7日
天丼/500円 → 540円
小天丼/436円 → 470円
えび野菜天丼/602円 → 650円
海老穴子天丼/908円 → 980円
天ぷら盛合わせ/426円 → 460円
お得天ぷら盛合わせ/825円 → 890円
昨今、原材料費・人件費・物流費などコストの上昇 2018年
1月11日
鳥貴族 全品280円(税別) → 298円(税別) 原材料や人件費など様々なコストが増加 2017年
10月1日
長崎ちゃんぽん リンガ―ハット ■岡山県・鳥取県以西(沖縄を除く)の西日本エリア全店
長崎ちゃんぽん/561円 → 583円
など、10円~30円の値上げ
■全店(沖縄を除く)
「長崎皿うどん」「野菜たっぷりちゃんぽん」「野菜たっぷり皿うどん」の麺増量2倍/86円 → 108円
原材料費および物流費の高騰 2017年
8月10日
とんかつ濵かつ ■岡山県以西の西日本エリアの店舗
特撰 ロースかつ定食(150g)/1,717円 → 1,825円
など、一部商品を100円~200円値上げ
昨今の原材料・人件費の高騰 2017年
11月1日
日高屋(来来軒、らーめん日高、中華一番) ■ドリンク類
生ビール(中ジョッキ)/310円 → 330円
ビール(中瓶)/430円 → 450円
ハイボール、サワー類/270円 → 280円
酎ハイ/250円 → 260円
生冷酒/360円 → 370円
日本酒/300円 → 310円
ホッピーセット/370円 → 380円
焼酎(お湯・水割)/250円 → 260円
■サイドメニュー
餃子(6個)/210円 → 220円
餃子(3個)/110円 → 120円
イカ揚げ/320円 → 370円
焼き餃子(テイクアウト)/190円 → 200円
原材料価格や物流費の上昇に加え、人手不足を背景とする人件費の高騰 2017年
9月1日
ラーメン山岡家 ■ラーメン類
ラーメン(醤油、味噌、塩)/640円 → 650円
特製味噌ラーメン/740円 → 750円
辛味噌ラーメン/740円 → 750円
プレミアム塩とんこつ/850円 → 860円
■サイドメニュー
餃子/310円 → 320円
チャーシュー丼、ネギマヨチャーシュー丼/320円 → 330円
ミニチャーハン/320円 → 330円
玉子かけご飯/220円 → 230円
昨今の食材価格の高騰、配送費用や人件費など各種コストの増加 2017年
12月1日

※ 各企業HPや一部報道等を参照し、価格改定情報を調査できたもののみ記載
※ 表内の価格は税込価格(表記があるものを除く)

相次ぐ値上げ。その背景には何が?

表にまとめることができたのは、ホームページ等で情報を公表している一部の企業だけであり、値上げを行っている企業はほかにも多く存在する。なぜなら、各企業に値上げ情報を公表しなければならない義務はないからだ。株式会社タナベ経営で飲食業界向けにコンサルティングを行う原氏は、ホームページ等で情報を公表している企業には、かなり親切な印象を受けるという。


BtoBプラットフォーム 受発注

飲食業界なう バックナンバー

おすすめ記事

関連タグ

『BtoBプラットフォーム』とのID統合について
食品こだわり展示会2018
フーズチャネルコンテンツガイド