企業のIT活用術

鳥貴族・大倉忠司社長~飲食店の人材確保に奇策なし。システム活用による労働環境の改善で、「勝利のサイクル」を

2017年08月22日

【Q】他にも取り入れられているシステムはありますか?

鳥貴族 焼き鳥

全店舗ではありませんが、キッチンモニターを導入しています。例えば、以前、キッチンでは、名物メニューの「貴族焼」に何本のオーダーが入っているか、紙の伝票をみながら数えていたんですね。それが今はモニターにすべて表示され、注文状況が一目でわかるようになりました。オーダーから10分経過したものに、警告を出したりすることもできます。

また、今年に入ってタッチパネルのオーダーシステムを、順次導入しています。こちらはテスト段階でお客様にアンケートを取ったところ、ポジティブな意見ばかりでしたね。お店が忙しいので、「これで遠慮なく注文できる」という意見が一番多かったです。お客様にも喜んでいただけ、弊社では省人につながる。こうした仕組みはどんどん取り入れ、生産性向上と労働環境の改善を進めたいと思っています。

オリンピック後は世界へ。一番重要なのは、「その国に貢献できるか」

【Q】2021年7月期の国内1,000店舗達成の後の計画はありますか?

1,000店舗達成後には、海外に進出したいと思います。出ていく先は、今のところ欧米などの先進国で考えています。選定基準のひとつは、チェーン展開ができる国かどうかです。でなければ、鳥貴族の強みであるスケールメリットが発揮できませんからね。そして何よりも大事しているのが、“進出した国に貢献できるか”という視点です。働く場所としてもそうですし、その国での「国産国消」も実現させるつもりです。人件費が安いから、儲けられるから、という理由だけでは、事業は長続きしないと思います。人件費は時を追うごとに上がっていきますから。そうではなく、鳥貴族が行って、本当にその国の人に喜んでいただけるか、そこをしっかりと見ていきたいと考えています。


BtoBプラットフォーム受発注

株式会社鳥貴族

設立:1986年9月19日    代表者:大倉忠司    所在地:大阪府大阪市浪速区立葉1-2-12
事業内容:「鳥貴族」の営業とカムレードチェーン事業    公式HP:http://www.torikizoku.co.jp

企業のIT活用術 バックナンバー

おすすめ記事

関連タグ

メルマガ登録はこちら
フーズチャネルコンテンツガイド