企業インタビュー

個店主義から、本部管理への転換で成功。「日本一の企業」へ歩みを進める〜ダイニングファクトリー・人見洋二郎社長

2017年07月05日

これまで、視察も兼ねて全国のあらゆる街に行きましたが、地方にはまだまだ発掘したい街がたくさんあります。もと不動産屋なので、シャッター街も含めそういう物件探しは好きで、リスト化してあります。今後も色々な街に飲食店を作って、街おこしをしていきたいです。

【Q】今後の展開について教えてください。

170704_diningfactory_06

僕は今年40歳になります。最初に描いた未来図の40歳までに上場という目標は達成できませんでしたが、これは近い将来に実現させます。そしていまはもう次の目標である50歳の1,000億円企業を目指しています。

2016年に行った改革で、本部の運用も軌道に乗り、今やっとFC(フランチャイズチェーン)展開ができる状態になりました。現在の店舗数は107店舗、今期の出店計画は、およそ10店です。その後も毎年110%を目標に緩やかに上昇させるイメージです。無理のない計画で進めていこうと思います。

ただ、それだけでは50歳の目標達成ができません。株式上場や店舗拡大は当然の通過点として、同時並行でM&Aで違う会社を取り込みながら、会社を一気に拡大させること。今後の10年はその両輪が大切だと考えています。

 人見社長のインタビュー番外編『思い出の一皿』はこちら


BtoBプラットフォーム 受発注

株式会社ダイニングファクトリー

住所:栃木県宇都宮市宿郷2-7-3 IRビル5F
電話:028-610-0568 事業内容:飲食事業
公式HP:http://www.diningfactory.co.jp/

企業インタビュー バックナンバー

おすすめ記事

関連タグ





業務用食品、衛生関連資材の購入は、BtoBプラットフォーム商談 eSmartで!会員登録無料・今なら3500ポイントプレゼント!

メルマガ登録はこちら
フーズチャネルタイムズ 無料購読はこちら