飲食業界なう

飲食店で広がるプレミアムフライデーの取組み。串カツ田中では先取り企画も

2017年02月17日

通常より営業時間やディナータイムを早め、15時からオープンするところやキャンペーンの対象時間とする企業が多いようだ。また、特別メニューの提供やアルコールのセットのほか、ビールの割引などハッピーアワーの取組みと近いものもある。 

どのようなメニューを導入したらいいかわからないと、迷っている飲食店もあると思うが、プレミアムフライデーだからと気負う必要はないようだ。午後3時からお店を開け、割引などのキャンペーンを行うことで、十分お客様を呼び込める可能性がある。 

「今では当たり前になったクールビズのように、少しずつ広がっていくのではと期待しています。弊社が参加することで、プレミアムフライデーを盛り上げ、広げていくお手伝いをしていきたいですね」(串カツ田中 川島さん) 

どの程度の盛り上がりを見せるかは、本番の2月24日を迎えてみないとわからないが、お祭りに参加するつもりで取り組んでみてはいかがだろうか。


串カツ田中の活用事例公開中

飲食業界なう バックナンバー

おすすめ記事

関連タグ





業務用食品、衛生関連資材の購入は、BtoBプラットフォーム商談 eSmartで!会員登録無料・今なら3500ポイントプレゼント!

メルマガ登録はこちら
フーズチャネルタイムズ 無料購読はこちら