愛されるお店の作り方

『餃子の王将』の新ブランド、「女性向け」だけではない戦略~GYOZA OHSHO

2016年12月02日

20161202_gyozaohsho_main_1

全国各地で700店舗以上を展開する大衆中華食堂「餃子の王将」が、女性をターゲットに生み出した新業態「GYOZA OHSHO」が好調だ。週末だけでなく平日にも、空席待ちの行列ができるなど人気を呼んでいる。店舗数も2016年3月に京都でオープンした1号店を皮切りに、8月には兵庫県・芦屋、10月には関東初の埼玉県・大宮と順調に出店を重ね、着実にファンを増やしている。

今回訪ねたのは、京都の1号店で初代店長として陣頭指揮を執り、現在はエリアマネージャーとしてブランドの成長を見守る松田信幸さん。ファンや業界を驚かせた1号店のオープンから半年、これまでの足跡と現状について語ってもらった。

女性が自ら行きたくなる「餃子の王将」を目指して

20161202_gyozaohsho_011

エリアマネージャー松田信幸さん

これまでの「餃子の王将」は、「旨い、早い、安い」という男性向けのイメージで完成されていたという。

「今後、会社が事業を拡大するために、女性向けのマーケットは外せませんでした。ここ2~3年の間に『餃子の王将』でも、女性向けのメニュー展開やイベント開催などを行ってきました。しかし女性向けのイメージは、なかなか浸透しなかったのです」

実は、既存ブランドの持つイメージこそが、課題だったのだ。

20161202_gyozaohsho_008

そんな「男っぽい王将」のイメージから脱却すべく、女性をメインターゲットとした新コンセプト店「GYOZA OHSHO」の構想が打ち出された。目指したのは、ずばり『女性が自ら行きたくなる王将』だった。同社初の女性プロジェクトチームが立ち上げられ、社外ブレーンに女性インテリアデザイナーや料理研究家が起用された。

「GYOZA OHSHO」を強く印象づける、カフェのような黒色や木目を基調としたシックな店舗デザイン。ヘルシーなオリジナルメニューなどは、このチームだからこそ生み出された賜物と言えるだろう。

既存メニューを活かしながら、新たな需要を生む女性向けの工夫

「女性向けの王将」という珍しさばかりに注目が集まりがちだが、この業態のポイントは他にもある。業態のベースの部分に「餃子の王将」イズムがしっかりと継承されている点だ。



愛されるお店の作り方 バックナンバー

おすすめ記事

関連タグ

メルマガ登録はこちら
フーズチャネルコンテンツガイド