経営者インタビュー

大手メーカー勤務から飲食店経営者へ、名古屋の食肉業界の新たな光~株式会社フードエイド・俵幸嗣社長

2016年11月02日

20161102_foodaid_main

1976年、静岡県沼津市生まれ。神奈川大学卒業後、大手食肉メーカーの米久株式会社へ入社。バイヤー、配送などの業務を経験。その後、店舗のリースへの転職を経て、2012年に株式会社フードエイドを設立。食肉加工業者や外食産業に食肉を販売する一方、2013年にアメリカンバーベキューハウス「ブルーテーブル」、2014年に精肉販売と飲食を融合した「徳川ホルモンセンター総本部」をオープン。現在、名古屋市内を中心に3業態10店舗を展開中。

精肉直売所と焼肉店を融合させた「徳川ホルモンセンター」を筆頭に、名古屋で3業態10店舗を展開する株式会社フードエイド。設立は2012年とまだ若い会社ながら、名古屋の飲食シーンに新風を吹き込み、着実に成長を遂げている。そのトップに立つのは、食肉加工メーカー大手の米久を退社後、独立起業した俵幸嗣氏。飲食経験ゼロながら、食肉に関する確かな経験を持ち、名古屋で新たな肉の境地を切り開いた、気鋭の経営者。その素顔に迫った。

大手食肉メーカーからの転職を経て辿り着いた、“食”業という仕事

【Q】2012年の起業以前は、どのようなお仕事を?

20161102_foodaid_015

大学を卒業して、地元の沼津にある食肉加工の「米久」に入社しました。3年ほど配送業務を経験した後、本社の輸入セクションでバイヤーを担当しました。海外出張を繰り返しながら、大きなお金と商品を動かせる。自分の中でイメージする理想のサラリーマン生活でした。

一方で、30歳を前に自分の将来について冷静に考え、「このまま、食肉しか知らないサラリーマンとして歳を重ねるのはどうなのかな?」と自問していました。

【Q】そんな自問に対し、どんな結論を出したのですか?

2005年前後は世の中でベンチャー企業が台頭していた頃で、密かにサラリーマンとは異なる生き方に、強い憧れを抱いていました。それで、知人が名古屋で立ち上げた、店舗のリースやファイナンスのベンチャーに転職したんです。

ベンチャーの世界に飛び込んで、自分がいかに狭い世界で働いてきたかを痛感しました。店舗周りの仕事を通じて、飲食店経営者とお会いしても、私が話せることは肉のことしかありませんでしたから・・・。

店舗リースの仕事からすると、肉の知識は全く畑違いの分野でした。それでも肉の専門家としていろいろな人に、肉の知識をアドバイスしていくうちに、「俵は肉バカだ」みたいな評価が徐々に広まり、名古屋の飲食業界でも存在を認めてもらえるようになりました。

食肉卸の強みを生かした、直売所併設の焼肉店

【Q】どのようにして飲食の道を歩み始めたのでしょう?

店舗リースの仕事を続けながら、色々な経営者の方とお話をしている内に、今の飲食業界の肉の仕入れというのは、なんて効率が悪いのだろうと気づきました。特に経験のある中間流通の部分でそれを感じることが多かったですね。



経営者インタビュー バックナンバー

おすすめ記事

関連タグ

メルマガ登録はこちら
フーズチャネルコンテンツガイド