企業のIT活用術

飲食店向けITサービスまとめ(5)経営・管理編 ~ 採用、勤怠管理、会計・青色申告ソフト

2016年02月05日

勤怠管理サービス

20160205_it_05_2

PCやタブレット、スマートフォンを利用する、タイムカードサービス。シフト管理機能を使えば、スタッフに希望のシフトを入力してもらい、必要人数を元に簡単にシフトを組むことができる。無料で利用できるものもあるので、試験的に導入してみるのもいいだろう。

スマレジ・タイムカード(プラグラム)
無料で利用できるタイムカードアプリ。シフト管理、給与計算、有給休暇管理機能も利用できる有料プランもある。

キングオブタイム(ヒューマンテクノロジーズ)
Windows、Macを使用する勤怠管理サービス。勤怠状況を元に、遅刻や残業などの警告を出すことができる。

タブレット タイムレコーダー(ネオレックス)
iPadを利用する勤怠管理アプリ。3名までは無料で利用できる。ライセンス販売(買い切り)のため、月額費用は発生しない。

ジョブカン(Donuts)
6,000社以上の企業が導入している勤怠・シフト管理サービス。10人以下であれば、無料で利用できる。

シフオプLite(リクルート)
10,000店以上の店舗が利用している、無料のシフト管理サービス。スマートフォンからシフトの入力、確認ができる。


BtoBプラットフォーム 受発注

企業のIT活用術 バックナンバー

おすすめ記事

関連タグ

『BtoBプラットフォーム』とのID統合について
クレディセゾンの支払代行サービス