飲食業経営ノウハウ

飲食店向けITサービスまとめ(2)店舗運営編 ~ オーダーエントリー、セルフオーダー、決済サービス

2015年10月20日

クレジットカード決済サービス

20151020_it_02_3_rakuten_smartpay

初期費用の高さから導入を見送ってきた飲食店も少なくない、クレジットカード決済サービス。近年ではスマートフォンやタブレットを使用することで、初期費用がかからずに導入できる決済システムが増えてきている。売上の入金までの期間も最短で翌日というサービスもあり、運営資金の面でも以前より負担は少なくなった。

楽天スマートペイ(楽天)
スマホ、タブレットと無線で接続するカードリーダーを使用。6ブランドの手数料が一律3.24%。楽天銀行なら翌日に自動入金される。

Square(Square)
iPhone、iPad、Android端末に対応した無料カードリーダーを使用。無料のPOSレジアプリが使え、メールやSMSでレシートが発行できる。

ペイメント・マイスター for J-Mups(フライトシステムコンサルティング)
手持ちのiPad、Windows8タブレットを使用する。主要ブランドのほか、銀聯カードにも対応可能。

Anywhere(リンク・プロセシング)
iPhone、iPadまたはNTTドコモが販売するAndroid端末で使用。銀聯カード対応。プリンター内蔵のカードリーダーも選べる。

Coiney(コイニー)
iPhone、iPad、Android端末に対応した無料カードリーダーを使用。3ブランドの手数料が一律3.24%。最短2営業日で使用開始。

PAYGATE(ロイヤルゲート)
iPhone、iPad、Android端末、Windows8.1タブレットで使用できる。8ブランドのクレジットカードと電子マネーに対応。

訪日外国人が増加する中、メニューの多言語化やカード決済への対応が求められる場面も増えてきた。今回紹介した中にも、訪日外国人への対応を進めているサービスがあるので、サービス業者から一度話を聞き、比較・検討してみるのもいいだろう。次回は、飲食店のファンを増やすSNSなどの交流宣伝や予約管理システムについて紹介する。

※2015年10月20日現在の情報をもとに掲載しています。
※掲載している会社名、商品名、サービス名は各社の商標または登録商標です。
※詳しいサービス内容は、各社へお問い合わせください。


BtoBプラットフォーム 受発注

飲食業経営ノウハウ  バックナンバー

おすすめ記事

関連タグ





業務用食品、衛生関連資材の購入は、BtoBプラットフォーム商談 eSmartで!会員登録無料・今なら3500ポイントプレゼント!

メルマガ登録はこちら
フーズチャネルタイムズ 無料購読はこちら