企業インタビュー

猿cafe~名古屋にカフェ文化を築いた人気チェーン。転機は、閉店覚悟の“アルバイト女性への一任”

2014年06月20日

スタッフ手描きの遊び心あふれる黒板メニュー

「言葉は悪いですが、真似ます。雑誌で見たお店のイメージを暗記していて、それをここに持って来られないかと考えます。ただ、唯一こだわっていることは、 出来る限りオープンキッチンにすることです。効率的だという理由もありますが、キッチンとホールが分かれていると、どうしても人間関係がギスギスしてしまう。それは、お客様が喜んでくれたのが働いているスタッフ全員に直接伝わるかどうかの差だと思います。

オープンキッチンにすることで、お客様が提供された 料理を見て、「ワーッ」と喜んでいる声を聞いたり、お客様の反応を五感で感じたりしてくれれば一番いいなと思ってます。それと、お客様に見られていること で緊張感も生まれますからね」

実際の店舗運営はやはりスタッフに任せているという。

「基本的に、最初に女の子二人に任せて成功したというところは変えたくないので、店を作ることに関しては任せています。僕がやるのはチェックぐらいで、経営者というよりもチェーン店のスーパーバイザーみたいな役割ですね」

最後に今後の猿cafeについて聞いてみた。

「猿cafeの認知度が上がったおかげで、お客様の裾野がかなり広がってきました。今後は若い女性だけでなく、誰でも入れるような、より本物志向のカフェを目指さないといけないなと思っています。そのために、エスプレッソマシーンではなくサイフォンで1杯ずつ淹れるドリップコーヒーの店を広げています。

内装に関しては、20代前後の女性をターゲットにしたかわいらしいものにしても、その世代は気の移り変わりが非常に早く永続させるのが非常に難しい。また、ご年配の方はかわいらし過ぎる雰囲気のお店には『恥ずかしいから』となかなか入ろうとはしません。そこで、コメダ珈琲さんなんかを参考にしてみますと、若い子も年配の方も正統派のカフェはよく利用するんですね。ですから、店舗の立地によっては、少し落ち着いた店作りもしていこうと思っています」

かわいらしさが目立ってきた猿cafeにあって、もともと泥臭いものがかっこいいという価値観を持っていた猿渡CEO自身の新たな店作りがこれから始まる。


BtoBプラットフォーム 受発注

猿cafe 名古屋ルーセントタワー店(株式会社SARU)

住所:〒451-6090 名古屋市西区牛島町6-1 ルーセントタワーB1
電話:052-585-0036 定休日:ルーセントタワーに準ずる
営業時間:11:00〜24:00(LO23:00)
お話:株式会社SARU CEO 猿渡弘太様

企業インタビュー  バックナンバー

おすすめ記事

関連タグ





業務用食品、衛生関連資材の購入は、BtoBプラットフォーム商談 eSmartで!会員登録無料・今なら3500ポイントプレゼント!

メルマガ登録はこちら
フーズチャネルタイムズ 無料購読はこちら