セミナー

ハナマルキが実践する味の見える化と商品開発/営業への活用

ハナマルキが実践する味の見える化と商品開発/営業への活用

【開催日時】
2022年8月25日(木)13:00~13:45

【会場】
オンライン(Zoom ウェビナー)

【開催内容・みどころ】
ハナマルキの新商品「追いこうじみそ」を例に、食分析データの可能性を考える

今や食品の世界にも欠かせないデータの分析・活用。
その中で、「商品そのもの」を分析・データ化する味香り戦略研究所の食分析では、「味の見える化」を実現することができます。

味噌メーカー・ハナマルキは新商品「追いこうじみそ」の開発において味分析を実施。長く日本の食卓に馴染み深い調味料ながら、味の表現が難しいという課題を抱える味噌に分析データを活用しました。

講演者はハナマルキ株式会社 マーケティング部 広報宣伝室 係長 杉山 麻衣子氏。分析を担った株式会社味香り戦略研究所から取締役研究開発本部長 早坂 浩史氏、モデレーターにエキサイト株式会社 執行役員 兼 SaaS事業部長 大熊 勇樹氏を迎え、食分析データ活用の事例を掘り下げます。

〈こんな方におすすめ〉
●食品の開発にデータを取り入れたい
●食品のPR・マーケティングにエビデンスのあるデータが欲しい
●食分析で何ができるのか知りたい
食品メーカー(企画・開発・研究・マーケティング・営業)、食品流通(小売業、食品卸売業など)、地方自治体の皆様

【参加について】
■申込期間: 2022年8月25日木11:00まで ※先着順、定員に達し次第受付を終了します。
■お申込み:こちらからお申込みください。

【主催】
株式会社味香り戦略研究所

【公式サイト】
https://mikaku.jp/

そのほかのセミナー

関連タグ

おすすめ記事

イベントを探す

業務用食品、衛生関連資材の購入は、BtoBプラットフォーム商談 eSmartで!会員登録無料・今なら3500ポイントプレゼント!

メルマガ登録はこちら
フーズチャネルタイムズ 無料購読はこちら
フーズチャネルコンテンツガイド