セミナー

味の見える化(味のエビデンス)で発酵食品のブランド化を目指す

20220201_ajikaori

【開催日時】
2022年2月25日(金)11:00~12:00

【会場】
オンライン(ZOOM)

【開催内容・みどころ】
長野県で実施中の発酵長寿ブランド戦略と風味にエビデンスを付与する仕組みの活用について

【講演者】長野県食品工業協会 専務理事兼事務局長 蟻川幸彦氏

一般社団法人 長野県食品工業協会 専務理事兼事務局長 蟻川幸彦氏を講師に迎え、長年関わってきた長野県の食品の基礎研究、食品製造に関する技術指導、感性工学分析機器の活用について、また長野県が注力している発酵食品のブランド化戦略についてご紹介いたします。同氏は清酒酵母研究の第一人者でもあり、同氏を中心に開発したアルプス酵母は長野県の吟醸酒を全国に広めるきっかけとなりました。

長野県における味覚センサ活用の実績、他の食品分析機器の活用例、発酵食品ブランディングの一環として実施した長野県産のワイン、甘酒、クラフトビールの味の見える化、またその科学データを活用したPR施策とそのインパクトなど、実際の事例についてもご紹介いただきます。

※内容は変更になる場合がございます。

【参加について】
■対象  : 地方自治体、食品メーカー(開発・研究・マーケティング・営業など)、研究機関の皆様
■参加費 : 無料
■申込期間: 2022年2月25日金9:00まで※定員になり次第終了
■お申込み:こちらからお申込みください。

【主催】
株式会社味香り戦略研究所

【公式サイト】
https://www.mikaku.jp/

そのほかのセミナー

関連タグ

おすすめ記事

イベントを探す

業務用食品、衛生関連資材の購入は、BtoBプラットフォーム商談 eSmartで!会員登録無料・今なら3500ポイントプレゼント!

メルマガ登録はこちら
フーズチャネルタイムズ 無料購読はこちら
フーズチャネルコンテンツガイド