セミナー

食品安全セミナー

【<東京>開催日時・会場】
日時:2017年6月8日(木)
14:00~17:15
会場:大手町ファーストスクエアカンファレンス Room A
〒100-0004 東京都千代田区大手町 1-5-1 ファーストスクエア イーストタワー2F

【<大阪>開催日時・会場】
日時:2017年6月9日(金)
14:00~17:15
会場:CIVI北梅田研修センター5F 506
〒530-0012 大阪府大阪市北区芝田2-7-18 オーエックス梅田ビル新館5F

【開催内容・みどころ】
好評の食品安全セミナー、本年のゲストは鶏卵肉情報センター/永谷園

GFSIを中心とする食品安全に関する国際標準の登場に伴い、国内でも食の安全に対する意識の変化が見られます。
過去の経験に基づく運用や、事故の発生がないということのみでは十分な管理レベルとは認められず、科学的なハザード分析に基づく、根拠のしっかりした管理体制や評価プロセスが問われています。

従来、グローバルブランドを展開する外資系企業が、取引先や委託生産会社に対して二者監査を実施、あるいは認証取得を要求するケースはありましたが、第三者による透明性の確保の意味もあり、近年日系企業でも二者監査を外注するケースが増加しています。
さらに米国食品安全強化法(FSMA)の制定により、米国へ食品を輸出する国内企業にも食品安全計画の作成が義務付けられるなど、食品安全は比較優位ではなく、業界全体で守るべき基本であるという認識が深まりつつあります。

本セミナーでは、基調講演として、鶏卵肉情報センターより「FSMAの最新動向とHACCP義務化」について解説頂き、さらにゲストスピーカーの永谷園より事例紹介として、「自社開発のシステムによる衛生管理」をご紹介頂きます。
そして最後にビューローベリタスより「FSSC22000第4版 改定のポイント」について解説致します。

●基調講演
「FSMAの最新動向とHACCP義務化に向けて」
鶏卵肉情報センター 代表取締役社長 杉浦 嘉彦様

●事例紹介
「自社開発されたシステム(NAFSAS)による衛生管理
 ~品質管理と安全衛生の両立に向けて~」
株式会社永谷園 品質保証部 品質保証室 室長代理 浦田 豊様

●FSSC22000第4版 改定のポイント
「食品防御と食品偽装対策に向けて」
ビューローベリタスジャパン株式会社 システム認証事業本部

※お申し込み多数の場合は、1社あたりのご参加人数を制限させていただく場合がございます、ご了承下さい。
※競合他社の参加申込はお断り致します。

【来場について】
■対象 : 食品関連企業
■参加費 : 無料 ※事前申込制、当日はお名刺を受付までお持ち下さい。
■申込期間 : 2017年4月24日(月) ~ 定員になり次第
■お申込み : 公式サイトよりお申込みください。

【主催】
ビューローベリタスジャパン株式会社

【公式サイト】
https://service.bureauveritas.jp/Seminar-Training/course.php?type=1&cid=314

【地図】
<東京>大手町ファーストスクエアカンファレンス Room A

<大阪>CIVI北梅田研修センター 5F 506

そのほかのセミナー

関連タグ

おすすめ記事

イベントを探す

業務用食品、衛生関連資材の購入は、BtoBプラットフォーム商談 eSmartで!会員登録無料・今なら3500ポイントプレゼント!

メルマガ登録はこちら
フーズチャネルタイムズ 無料購読はこちら
フーズチャネルコンテンツガイド