セミナー

次世代シークエンサーの食品産業への活用

【開催日時】
2017年3月7日(火)
13:30~17:30

【会場】
芝パークホテル 別館2階
〒105-0011
東京都港区芝公園1-5-10

【開催内容・みどころ】
次世代シークエンサーの食品産業への活用~食品産業界でのNGSの展望~

平成29年3月7日 13:30~ 芝パークホテル
次世代シークエンサーの食品産業への活用
~食品産業界でのNGSの展望~
座長 :㈱日清製粉グループ本社 常務取締役 原田 隆氏

次世代シークエンサー(Next Generation Sequencer:以下NGS)とは、2000年代後半に登場し、超高速に大量のDNA配列を読み取ることができる装置です。
1回の分析によって、従来型の約10万倍のDNA配列の情報を得ることができ、これまで不可能と思われた数々の遺伝子解析が可能となりました。
例えばヒトの全ゲノム解析の場合、2003年に終了した「ヒトゲノムプロジェクト」ではDNA情報の読み取りに10年、さらに解析に3年という長い月日を要しましたが、今やNGSを使うことにより、わずか10日間程度で完了することができます。
様々な分野において、このNGSを用いた研究は急速に進展しております。
今後NGSは、食品産業界においてなくてはならない技術となっていくことが予想され、注目すべき技術であることは間違いありません。
そこでNGSのメーカー2社に基本的な紹介をしていただき、講演2で、食品微生物分野の権威であり、NGSを活用した研究を最先端で進めておられる、東京海洋大学の木村凡教授にご講演いただきたいと思います。

≪講演1≫
「Ion Torrent 次世代シーケンサー ~食品分野への活用~」
講師 :ライフテクノロジーズジャパン㈱ 徳永裕子氏

≪講演2≫
「NGSを知るとゲノム情報の活用用途が拡がる」
講師 :イルミナ㈱ プロダクトマーケティング部 関典広氏

≪講演3≫
「微生物研究におけるNGSの活用」
講師 :東京海洋大学大学院 食品生産科学部門教授 木村凡氏

詳しくはこちら

【来場について】
■対象 : 食品業界 関係者
■参加費 : 16,200円(税込)  ※食品ニューテクノロジー研究会 会員企業は無料になります
■申込期間 : 2016年2月15日(水)~3月7日(火)
■お申込み : 公式サイトよりお申込みください。

【主催】
日本食糧新聞社/食品ニューテクノロジー研究会

【公式サイト】
http://info.nissyoku.co.jp/modules/general/view.php?id=153

【地図】

 

そのほかのセミナー

関連タグ

おすすめ記事

イベントを探す

業務用食品、衛生関連資材の購入は、BtoBプラットフォーム商談 eSmartで!会員登録無料・今なら3500ポイントプレゼント!

メルマガ登録はこちら
フーズチャネルタイムズ 無料購読はこちら
フーズチャネルコンテンツガイド