「酒類の保存のため物品を混和することができる酒類の品目等の指定」が改正されました。(2021.2.22)

掲載日: 2021年04月30日

<改正の概要>
令和3年2月22日に「酒類の保存のため物品を混和することができる酒類の品目等を定める等の件の一部を改正する件」(国税庁告示第4号)が公布され、果実酒及び甘味果実酒について、保存のために混和することができる物品として、微結晶セルロース、酵母自己消化物、酵母細胞壁、不活性酵母が新たに追加されました。

<適用期日>
 令和3年2月22日

〔改正法令〕
◎酒類の保存のため物品を混和することができる酒類の品目等の指定(平成9年5月1日国税庁告示第5号)


※省庁別の制度動向や法律改正の詳細な内容はこちら(食品表示コンシェルジュ)

最新の衛生と表示の法令・制度情報ニュース


業務用食品、衛生関連資材の購入は、BtoBプラットフォーム商談 eSmartで!会員登録無料・今なら3500ポイントプレゼント!