告示「食品の製造過程の管理の高度化に関する基本方針」が改正されました。(2020.7.22)

掲載日: 2020年10月01日

今般、HACCPに沿った衛生管理の制度化及び国際的な民間認証の誕生に伴い、製造過程の管理の高度化の普及等を図るため、令和2年7月22日に「食品の製造過程の管理の高度化に関する基本方針」が改正されました。

<改正の概要>
1 「第1 製造過程の管理の高度化の基本的な方向」について、食品衛生法の改正によりHACCPに沿った衛生管理が制度化されたことが記述されました。
2 「第4 その他製造過程の管理の制度化に関する重要事項」について、以下の改正が行われました。
(1) HACCPに沿った衛生管理の制度化に伴い、食品衛生法第13条の総合衛生管理製造過程の承認が廃止されたことから「総合衛生管理製造過程承認制度との関係」の項が削除されました。
(2) グローバル化の進展に対応し、JFS-C、FSSC22000等の国際的な民間認証の取得を推進することが記述されました。

<施行期日>
令和2年7月22日

〔改正法令〕
◎食品の製造過程の管理の高度化に関する基本方針(平成25年12月20日厚生労働・農林水産省告示第2号)

※省庁別の制度動向や法律改正の詳細な内容はこちら(食品表示コンシェルジュ)

最新の衛生と表示の法令・制度情報ニュース


メルマガ登録はこちら