豆腐の規格基準が改正されました。(無菌充填豆腐の規格基準の設定)(2018.07.13)

掲載日: 2018年08月20日

「食品、添加物等の規格基準」(昭和34年厚生省告示第370号)が平成30年7月13日に改正され、豆腐の規格基準が改正されました。

<主な改正内容>
1 成分規格
 常温で保存する豆腐について、発育し得る微生物が陰性でなくてはならない旨の成分規格が新たに設定されました。
2 製造基準
無菌充填豆腐の製造時の殺菌又は除菌等の方法が設定されました。
3 保存基準
 無菌充填豆腐については、冷蔵するか、又は十分に洗浄し、かつ、殺菌した水槽内において冷水(食品製造用水に限る。)で絶えず換水をしながら保存しなければならないとする規定の対象外とされました。

<適用期日>
 告示の日〔平成30年7月13日〕から適用

新規収載〕
〇食品、添加物等の規格基準の一部を改正する件について(豆腐の規格基準の一部改正)(平成30年7月13日生食発0713第8号)

〔改正法令〕
◎食品、添加物等の規格基準(昭和34年12月28日厚生省告示第370号)

※省庁別の制度動向や法律改正の詳細な内容はこちら(食品表示コンシェルジュ)

最新の衛生と表示の法令・制度情報ニュース

『BtoBプラットフォーム』とのID統合について