「果実酒等の製法品質表示基準のQ&A」が改正されました。(2018.04)

掲載日: 2018年06月22日

「果実酒等の製法品質表示基準のQ&A」が改正され、平成30年4月版として新たに公表されました。
※「果実酒等の製法品質表示基準」は、平成30年10月30日以後に酒類の製造場から移出し、若しくは保税地域から引き取る果実酒及び甘味果実酒又は酒類の販売場から搬出する果実酒及び甘味果実酒に適用されます。

<主な改正内容>
・新規Q&Aの追加((問1―5) オークチップを使用したワインは日本ワインに該当しますか。)
・問5(建物名等-1)に、「委託者の名称や委託者が運営する施設の名称に地名が含まれる場合」の例示を追加
・国内製造ワイン・日本ワイン・輸入ワインの区分判定フローに酒税法第3条第13号ホを追加

〔新規収載〕
〇果実酒等の製法品質表示基準のQ&A(平成30年4月国税庁)

※省庁別の制度動向や法律改正の詳細な内容はこちら(食品表示コンシェルジュ)

最新の衛生と表示の法令・制度情報ニュース

『BtoBプラットフォーム』とのID統合について