農薬基準超過で回収命令のわさび 一部そば店で提供

掲載日: 2019年06月12日

【発表日】
2019-06-12

【事業者】
株式会社グルメ杵屋レストラン

【製品】
生わさび

【内容】
2019/06/11付で関西空港検疫所のモニタリング検査に基づき大阪市保健所から回収命令が出された食品が一部の店舗に納品され、提供されていたことから、回収を呼びかけている。明星貿易が中国より輸入した生鮮わさび150kgで、食品衛生法による基準値(0.01ppm)を超える0.07ppmの農薬「プロシミドン」が検出されている。
グルメ杵屋レストランでは、仕入れた生鮮わさびを洗浄・殺菌した上で、使いやすくなるように表皮を削る等の加工をしてから提供している。また「プロシミドン」の一日摂取許容量(人が生涯にわたって毎日継続的に摂取しても健康に影響のない量)は0.035mg/kg 体重/日であり、体重60kgの人が当該わさびを毎日30kg摂取し続けても健康に影響を及ぼすことはないと考えられる。(リコールプラス)

【対象】
食品:生鮮わさび
提供店舗:そじ坊 山王パークタワービル店、文京グリーンコート店、東京イースト21店、大井町イトーヨーカドー店、川崎アゼリア店、東戸塚オーロラモール店、桜木町コレットマーレ店、さいたま新都心店、京橋京阪モール店、上本町近鉄百貨店 6F、関西国際空港 3F店、宝塚ソリオ店、西宮アクタ店
提供期間:2019/05/30~2019/06/03

【対処方法】
回収

【関連URL】
https://www.gourmet-kineya.co.jp/contents/pdf/201906wasabi.pdf

最新の食品事故情報ニュース

通信暗号化方式「TLS1.0/1.1」「SSL3.0」のサポート終了について
スペインワイン&グルメフェア2019
メルマガ登録はこちら