食の研究所

おしりの拭き方から考える「冬の食中毒」対策~食品従事者も消費者も“そのトイレ”にご注意を

小暮 実(食品衛生アドバイザー)  2017年12月25日

従って、食品従事者としては、ノロウイルス汚染の可能性のあるカキは生食を避け、十分に加熱して食べること。また、手洗いを励行して、ウイルスの保有者となっても、お客様に提供する食品には汚染させないことが求められている。

冬場には、嘔吐や下痢の症状がなくても、便中にノロウイルスを保有している健康保有者が1~2割程度いることが知られている。このため、トイレでの衛生対策が重要なポイントとなる。

なぜか「おしりの拭き方」を教わらない・・・

20171225_kenkyujo_2

大便時に取るトイレットペーパーの長さの違い。

トイレの個室は密室であることから、目的は同じでも、おしりの拭き方は個人により異なり、他人が確認できるものではない。また、宗教や人種によっても拭き方が違うことが知られている。日本のように温水洗浄便座が普及している国も世界では珍しい。

インターネットで検索しても、正式な「おしりの拭き方」を掲載しているサイトはほとんど見当たらない。そう言えば、学校でも習った覚えがないし、なんとなく母親から教わった方法をそのまま習慣としている人がほとんどではないだろうか。

「うんちの拭き方」と入力して検索すると、成人男女1000名以上を対象にアンケート調査したサイトがあり、「お尻を拭く際に、股の間に手を入れて前から拭く人と、お尻のほうに手を回して後ろから拭く人と大きく割れる」との記載がある。他にも興味のある調査結果が掲載されている。

トイレットペーパーの長さにしても、人それぞれである。ちなみに保健所勤務時代、職員5名に、大便をしたとしてトイレットペーパーを取ってもらったところ、写真のように、短く何回か取る者と4m以上も一回に取る者があり、かなりの違いが見られた。


BtoBプラットフォーム規格書

執筆者プロフィール

小暮 実(食品衛生アドバイザー) 

1955(昭和30)年生まれ。東京農工大学農学部農芸化学科卒、雪印乳業(株)を経て、中央区保健所にて39年間食品衛生監視員として勤務。銀座、日本橋、築地などの飲食店や食品輸入業者の監視指導にあたり、多数の食中毒事件や違反食品の調査措置経験あり。現在、食品衛生アドバイザーとして活動中。

<記事提供:食の研究所
JBpress、現代ビジネス、ダイヤモンドオンライン、プレジデントオンラインの4つのビジネスサイトが共同運営する「食」の専門ページ。栄養士が勧める身体にいい食べ方、誰でも知っている定番料理の意外な起源、身近な食品の豆知識、食の安全に関する最新情報など硬軟幅広い情報を提供。
食の研究所はこちらhttp://food.ismedia.jp/

食の研究所 バックナンバー

おすすめ記事

関連タグ

『BtoBプラットフォーム』とのID統合について
クレディセゾンの支払代行サービス