食の研究所

絶滅危機のウナギは庶民の食卓に戻るのか -ニホンウナギの完全養殖に希望の光

佐藤 成美(サイエンスライター)  2015年07月22日

「大型水槽での飼育に成功しましたが、実用化に向けては、生存率を上げることや飼育日数を短くすることが必要です」と同センター資源生産部部長の桑田博氏は話す。現在の飼育条件では、仔魚がシラスウナギになるまでに、10カ月ほどを要し、天然のウナギよりも時間がかかっている。生存率も実験レベルより低い。生存率が低く、飼育期間が長ければ、当然、飼育コストが高くなる。コスト削減は実用化に向けた重要な課題だ。

さらに、アブラツノザメの漁獲量が激減し、エサの卵が手に入りにくくなっていることから、餌の開発も必要だ。「量産化に向けて、手に入りやすい原料を探し、栄養価の高い新たな餌を開発しています」と桑田氏は話す。

「工業製品と違って、生物を量産する技術は本当に難しいです。まだ課題はたくさんありますが、一刻も早く安定的にシラスウナギを量産する技術を完成させ、生産現場で使ってもらいたいです」と増田氏。完全養殖の成功には40年もの年月がかかったが、シラスウナギ量産化に向けての技術開発は急ピッチで進んでいる。

ウナギが普通に食べられる日を待ち望んで

私たちが、ウナギを食べてきた背景には、需要のままにシラスウナギを獲り続けてきたことがあった。その結果、シラスウナギは激減してしまった。しかし、シラスウナギの量産化が実現すれば、これまでシラスウナギの不足で不安定だったウナギの養殖業も安定するだろう。天然のシラスウナギに頼る必要がなくなれば、私たちも安心してウナギを食べることができる。なんとも待ち遠しい話だが、しばし時間がかかりそうだ。

先に述べたように、ウナギの減った原因は、乱獲の他にも自然破壊が進んだことで、天然ウナギの餌が減り、生息できる川が少なくなったことも考えられている。ただ、ウナギの生態は複雑で、不明な点が多く、資源回復の糸口を見つけるのは難しい。そこで、日本だけではなく、中国や台湾などウナギをめぐる東アジアの国々が力を合わせてウナギを守っていこうという動きもある。このような資源回復の努力や、シラスウナギ量産技術の開発によって、ウナギが普通に食べられる日が来ることを期待したい。

執筆者プロフィール

佐藤 成美(サイエンスライター) 

佐藤 成美(さとうなるみ) サイエンスライター、明治学院大学非常勤講師(生物学)、農学博士。食品会社の研究員、大学の研究員、教員などを経て現在に至る。研究所の広報誌やサイトなどにも原稿を執筆している。著書に『「おいしさ」の科学』(講談社ブルーバックス)『お酒の科学』(日刊工業新聞社)など多数。

<記事提供:食の研究所
JBpress、 現代ビジネス、ダイヤモンドオンライン、プレジデントオンラインの4つのビジネスサイトが共同運営する「食」の専門ページ。栄養士が勧める身体にいい食べ 方、誰でも知っている定番料理の意外な起源、身近な食品の豆知識、食の安全に関する最新情報など硬軟幅広い情報を提供。
食の研究所はこちらhttp://food.ismedia.jp/

食の研究所 バックナンバー

おすすめ記事



食品メーカーなど8000社導入!製品規格書クラウド管理システム BtoBプラットフォーム 規格書

メルマガ登録はこちら